「SiteGuard」の導入でWordPressの管理画面にログインできない

この記事では、プラグイン「SiteGuard WP Plugin」を導入でWordPressにログインできない時の対応について解説します。

レンタルサーバーはXserverロリポップConoHa WINGを対象としています。

※応用で他のレンタルサーバーでもOKです。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

「SiteGuard WP Plugin」を使っている時に、WordPressの管理画面にログインしようとして、「ページが見つかりませんでした」と表示される場合があります。

ログインできずに見つかりませんと表示sあれる

この記事では、「SiteGuard WP Plugin」でログインできない原因と、ログインできなくなった時の対応方法を詳しく解説していきます。

対応手順は、以下のレンタルサーバーごとに書いているので、該当する手順を参考にしてください。

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • ConoHa WING

※上記以外のレンタルサーバーでも、参考にできる対応方法になっています。

関連記事

プラグイン「XO Securityでログインできない場合は、こちらが参考になります。

まとめ記事

WordPressの管理画面にログインできない原因と対応方法をまとめています。

目次

「SiteGuard WP Plugin」でログインできない時の確認

「SiteGuard WP Plugin」で変更したログインURLを忘れた場合は、「ログインURLを忘れた時の対応」に進んでください。

ログインURLはあっているはずなのにログインできない場合は、以下の2点を確認しましょう。

ログインURLが間違っている

まずは、ログインURLに間違って「.php」を付けてないか確認しましょう。

SiteGuardのログインURL項目

最後が、入力した文字列で終わっている(.phpが付いてない)のが、正しいURLです。

例)https://kanrekigg.com/hogehoge

ログインURLの最後に「.php」が付いていないかを確認しましょう。

ログインURLが変更されていなかった

2点目は、ログインURLを変更したつもりが、「保存」ボタンを押し忘れていたパターンですね。

以下の標準ログインURL(wp-admin/)にアクセスして、ログイン画面が表示されるか確認しましょう。

https://ドメイン名/wp-admin/

もし、ログイン画面が表示されたら、ログインURLの変更後に「保存」を忘れています。

「保存」を忘れていた場合は、ログインURLを変更して「保存」を押してください。

ログインURLを忘れた時の対応

ここからは、ログインURLを忘れた(わからなくなった)場合の対応で、サーバーにFTP接続して対応します。

エックスサーバーの「WordPressリカバリー」でも対応可(タップで詳細展開)

エックスサーバー利用者限定となりますが、「WordPressリカバリー」を使っても、URLを忘れた時の対応は可能です。

ログインできなくなったWordPressの復旧

リカバリーのボタンを押すだけで標準のログインURLに戻すため、手順としては簡単です。(FTP接続不要)

ただし、リカバリー後はプラグインでの再設定が必要となるので、再設定が面倒だと感じる場合は、このあとのFTP接続の方法がおすすめです。

方法としては、「.htaccess」というファイルの中に「Site Guard」が書き込んだログイン文字列を探していきます。

手順はレンタルサーバーごとに書いているので、該当する手順を参考にしてください。

ログインURLファイルを探す(FTP接続)

※上記以外のレンタルサーバーでもFTP接続ができれば、同様の手順で対応が可能です。

エックスサーバー

エックスサーバーで、「.htaccess」の中のログイン文字列を探す方法です。

エックスサーバーでFTP接続する場合は、ファイルマネージャ(FTP接続画面)にログインします。

ログインできない場合

FTPユーザーIDやパスワードを忘れた場合は一旦サーバーパネルにログインし、上にある「ファイルマネージャ」のボタンを押すとアカウント入力なしで「ファイルマネージャー」にログインできます。

参考記事

ファイルマネージャーにログインできたら、「ドメイン名」(①)→「public_html」(②)→「.htaccess」(③)とクリックします。

「SiteGuard」の導入でログインできなくなった時の対応方法(Xserver)

「編集」をクリック。

「SiteGuard」の導入でログインできなくなった時の対応方法(Xserver)

開いた「.htaccess」の編集画面の中で、「#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START」(①)の下にある、「wp-login.php」(②)を探します。

「SiteGuard」の導入でログインできなくなった時の対応方法(Xserver)

「wp-login.php」の左にある「^」と「(.*)$」に囲まれた部分が、「Site Guard」のログインページ変更画面で入力したログイン文字列となります。(上の画像の例ではlogin_87936

WordPress管理画面のログインURLは次のようになるので、アクセスしてログイン画面が表示されるか確認しましょう!

例)https://ドメイン名/login_87936

ロリポップ

ロリポップで、「.htaccess」の中のログイン文字列を探す方法です。

ロリポップでFTP接続する場合は、まずユーザー専用ページ(ロリポップ)にログインします。
次に、「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FP」とクリックすると、FTP接続画面に移動できます。

FTP接続画面に移動したら、ドメイン(①)→「.htaccess」(②)とクリック。

「SiteGuard」の導入でログインできなくなった時の対応方法(ロリポップ)

開いた「.htaccess」の編集画面の中で、「#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START」(①)の下にある、「wp-login.php」(②)を探します。

「SiteGuard」の導入でログインできなくなった時の対応方法(ロリポップ)

「wp-login.php」の左にある「^」と「(.*)$」に囲まれた部分が、「Site Guard」のログインページ変更画面で入力したログイン文字列となります。(上の画像の例ではlogin_27360

WordPress管理画面のログインURLは次のようになるので、アクセスしてログイン画面が表示されるか確認しましょう!

例)https://ドメイン名/login_27360

ConoHa WING

「ConoHa WING」で、「.htaccess」の中のログイン文字列を探す方法です。

「ConoHa WING」でFTP接続する場合は、まずコントロールパネルにログインします。
ログインしたら、「サイト管理」(①)→「ファイルマネージャー」(②)とクリック。
※選択されているドメインはどれでもかまいません。

「ConoHa WING」の導入でログインできなくなった時の対応方法(ロリポップ)

ファイルマネージャーに移動できたら、以下の①~⑤をクリック。

  • public_html
  • ドメイン
  • .htaccess
  • 右クリックメニューの「ファイル編集」
  • 「ACE Editor」
「ConoHa WING」の導入でログインできなくなった時の対応方法(ロリポップ)

開いた「.htaccess」の編集画面の中で、「#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START」(①)の下にある、「wp-login.php」(②)を探します。

「ConoHa WING」の導入でログインできなくなった時の対応方法(ロリポップ)

「wp-login.php」の左にある「^」と「(.*)$」に囲まれた部分が、「Site Guard」のログインページ変更画面で入力したログイン文字列となります。(上の画像の例ではlogin_72350

WordPress管理画面のログインURLは次のようになるので、アクセスしてログイン画面が表示されるか確認しましょう!

例)https://ドメイン名/login_72350

まとめ

ここまで、「SiteGuard WP Plugin」の導入でログインできなくなった時の対応方法について解説しました。

ログインURLを忘れると、ここで紹介したように結構面倒な対応となるので、変更したログインURLブックマークするか、メモに残しましょう!

関連記事

プラグイン「XO Securityでログインできない場合は、こちらが参考になります。

まとめ記事

WordPressの管理画面にログインできない原因と対応方法をまとめています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次