WordPressにログインできない時の対応(XO Security編)

【XO Security】WordPressにログインできない場合の対応

この記事では、プラグイン「XO Security」を利用している場合に、WordPressにログインできない時の対応について解説します。

レンタルサーバーはエックスサーバーロリポップConoHa WINGを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

WordPressにログインしようとして、「ページが見つかりませんでした」と表示されてログインできなくなったことがないですか?

ログインできずに見つかりませんと表示sあれる

WordPressのセキュリティ強化プラグイン「XO Security」を使っていると、ログインできなくなることがあります。

この記事では、「XO Security」を導入している時にログインできない原因と、ログインできる方法について解説していきます。

対応手順は、以下のレンタルサーバーごとに書いているので、該当する手順を参考にしてください。

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • ConoHa WING

※上記以外のレンタルサーバーでも、参考にできる対応方法になっています。

関連記事

プラグイン「SiteGuard WP Pluginでログインできない場合は、こちらが参考になります。

目次

「XO Security」でログインできない時の確認

「XO Security」で変更したログインURLを忘れた場合は、「ログインURLを忘れた時の対応」に進んでください。

ログインURLはあっているはずなのにログインできない場合は、以下の2点を確認しましょう。

ログインURLが間違っている

まずは、ログインURLに「.php」をつけ忘れていないか確認しましょう。

「XO Security」で変更したログインURLは、最後が「.php」で終わります。

例)https://kanrekigg.com/hogehoge.php

ログインURLの最後が「.php」になっているか、「.php」の「.」(ドット)が抜けていないかを確認しましょう。

ログインURLが変更されていなかった

2点目は、ログインURLを変更したつもりが、「保存」ボタンを押し忘れていたパターンですね。

以下の標準ログインURL(wp-admin/)にアクセスして、ログイン画面が表示されるか確認しましょう。

https://ドメイン名/wp-admin/

もし、ログイン画面が表示されたら、ログインURLの変更後に「保存」を忘れています。

「保存」を忘れていた場合は、ログインURLを変更して「保存」を押してください。

ログインURLを忘れた時の対応

ここからは、ログインURLを忘れた(わからなくなった)場合の対応で、サーバーにFTP接続して対応します。

対応手順はレンタルサーバーごとに書いているので、該当する手順を参考にしてください。

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • ConoHa WING

※上記以外のレンタルサーバーでもFTP接続ができれば、同様の手順で対応が可能です。

対応方法は2つありますが、ほとんどは1番目の方法で解決できるので、まずは1番目の方法を試してみましょう!

ログインURLファイルを探す(FTP接続)

まずは最初の方法ですが、ほとんどはこの方法で解決します。

やることは、ログインURLの名前がついたPHPファイルを探すだけです。

例えば、「XO Security」のログインファイルに「hogehoge」と入力した場合、「hogehoge.php」というログインURLがファイル名となったPHPファイル(*.php)が保存されるので、このPHPファイルを探せばいいです。

でも、そのログインURLを忘れたのに、どうやって探すの?

と思われるかもしれません。

大丈夫です。

WordPressのインストールフォルダ(ディレクトリ)のPHPファイルには、基本的に以下の2種類しかありません。

  • wp*.php(wpで始まるもの)
  • index.php

ということは、そのフォルダの中で上記2種類以外のPHPファイルがあれば、それが「XO Security」で保存したログインURLのPHPファイルとなります。

以下はエックスサーバーのFTP接続画面ですが、WordPressのインストールフォルダに「hogehoge.php」というログインURLのPHPファイルを見つけることができます。

WordPressインストールフォルダのログインURLPHPファイル

ということで、今からやることをまとめると、

WordPressのインストールフォルダで、wp*.php、index.php以外のPHPファイルを探す。

ということになります。

以降は、レンタルサーバーごとの手順に進んでください。

ログインURLファイルを探す(FTP接続)

エックスサーバー

エックスサーバーでログインURLファイルを探す方法です。

エックスサーバーでFTP接続する場合は、ファイルマネージャ(FTP接続画面)にログインします。

ログインできない場合

FTPユーザーIDやパスワードを忘れた場合は一旦サーバーパネルにログインし、上にある「ファイルマネージャ」のボタンを押すとアカウント入力なしで「ファイルマネージャー」にログインできます。

参考記事

ファイルマネージャーにログインできたら、以下のようにWordPressのインストールフォルダ(ドメイン名 → public_html)に移動します。

エックスサーバーでログインURLのPHPファイルを探す

移動するとwp*.php、index.php以外のPHPファイルが見つかるので、それがログインURLのPHPファイルです。

ログインURLのPHPファイルが「hogehoge.php」だった場合、WordPressの管理画面へのログインURLは次のようになります。(ドメイン名の後にPHPファイル名をくっつける)

https://ドメイン名/hogehoge.php

このログインURLにアクセスして、ログイン画面が表示されるか確認しましょう!

ロリポップ

ロリポップでログインURLファイルを探す方法です。

ロリポップでFTP接続する場合は、まずユーザー専用ページ(ロリポップ)にログインします。
次に、「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FP」とクリックすると、FTP接続画面に移動できます。

FTP接続画面に移動できたら、以下のようにWordPressのインストールフォルダ(ドメイン名)に移動します。

ロリポップでログインURLのPHPファイルを探す

移動するとwp*.php、index.php以外のPHPファイルが見つかるので、それがログインURLのPHPファイルです。

ログインURLのPHPファイルが「hogehoge.php」だった場合、WordPressの管理画面へのログインURLは次のようになります。(ドメイン名の後にPHPファイル名をくっつける)

https://ドメイン名/hogehoge.php

このログインURLにアクセスして、ログイン画面が表示されるか確認しましょう!

ConoHa WING

ConoHa WINGでログインURLファイルを探す方法です。

「ConoHa WING」でFTP接続する場合は、まずコントロールパネルにログインします。
ログインしたら、「サイト管理」(①)→「ファイルマネージャー」(②)とクリック。

「ConoHa WING」でログインURLのPHPファイルを探す

「ファイルマネージャ」に移動できたら、以下のようにWordPressのインストールフォルダ(public_html → ドメイン名)に移動します。

「ConoHa WING」でログインURLのPHPファイルを探す

移動するとwp*.php、index.php以外のPHPファイルが見つかるので、それがログインURLのPHPファイルです。

ログインURLのPHPファイルが「hogehoge.php」だった場合、WordPressの管理画面へのログインURLは次のようになります。(ドメイン名の後にPHPファイル名をくっつける)

https://ドメイン名/hogehoge.php

このログインURLにアクセスして、ログイン画面が表示されるか確認しましょう!

ログインURLを標準URLに戻す(FTP接続)

もし、1番目の「ログインURLファイルを探す(FTP接続)」の方法で対応できなかった場合に、この方法を試してください。

なお、この方法の手順は以下の通りです。

ログインできるようにする手順
  • 「XO Security」のフォルダ名を一旦別名に変更し、標準ログインURLでログイン
  • 「XO Security」のフォルダ名を戻す
  • 「XO Security」で変更したログインURLを確認

以降は、レンタルサーバーごとの手順に進んでください。

ログインURLを標準URLに戻す(FTP接続)

上記以外のレンタルサーバーでもFTP接続ができれば、同様の手順で対応が可能です。

エックスサーバー

エックスサーバーでログインURLを一旦標準URLに戻す方法です。

エックスサーバーでFTP接続する場合は、ファイルマネージャ(FTP接続画面)にログインします。

ログインできない場合

FTPユーザーIDやパスワードを忘れた場合は一旦サーバーパネルにログインし、上にある「ファイルマネージャ」のボタンを押すとアカウント入力なしで「ファイルマネージャー」にログインできます。

参考記事

ファイルマネージャーにログインできたら、以下のようにWordPressのインストールフォルダ(ドメイン名 → public_html)に移動します。

ファイルマネージャーにログインできたら、以下の① ~ ⑤をクリック。

  • ドメイン(ここではkanrekigg.comを例としています)
  • public_html
  • wp-content
  • plugins
  • xo-security(プラグインフォルダ)
エックスサーバーで、一旦標準のログインURLに戻す

「名前変更」をクリック。

エックスサーバーで、一旦標準のログインURLに戻す

「xo-security」の先頭に「z」などの適当な文字を追加し、「変更」をクリック。

エックスサーバーで、一旦標準のログインURLに戻す

これで、「xo-security」が「zxo-security」に変更されます。

エックスサーバーで、一旦標準のログインURLに戻す

この画面は閉じないでください。(このあとすぐに、フォルダ名を元に戻します)

次は、【「XO Security」で変更したログインURLを確認する】に進みます。

ロリポップ

ロリポップでログインURLを一旦標準URLに戻す方法です。

ロリポップでFTP接続する場合は、まずユーザー専用ページ(ロリポップ)にログインします。
次に、「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FP」とクリックすると、FTP接続画面に移動できます。

ロリポップで、一旦標準のログインURLに戻す

FTP接続画面に移動できたら、ドメインをクリック。

ロリポップで、一旦標準のログインURLに戻す

「wp-content」(①)→「plugins」(②)→「xo-security」(③)とクリック。

ロリポップで、一旦標準のログインURLに戻す

「xo-security」の先頭に「z」などの適当な文字を追加し、「保存する」をクリック。

ロリポップで、一旦標準のログインURLに戻す

ロリポップのFTP接続画面は、キャッシュの効果で名前が正しく表示されないことがあります。
「最新情報に更新」を押して、名前が変更されていることを確認します。

ロリポップで、一旦標準のログインURLに戻す

この画面はあとの手順で再度操作するので、そのままにしておいてください

次は、【「XO Security」で変更したログインURLを確認する】に進みます。

ConoHa WING

エックスサーバーでログインURLを一旦標準URLに戻す方法です。

「ConoHa WING」でFTP接続する場合は、まずコントロールパネルにログインします。
ログインしたら、「サイト管理」→「ファイルマネージャー」とクリック。

「ConoHa WING」で、一旦標準のログインURLに戻す

ファイルマネージャーに移動できたら、以下の①~⑥をクリック。

  • public_html
  • ドメイン
  • wp-content
  • plugins
  • xo-security(プラグインフォルダ)
  • 右クリックメニューの「リネーム」

⑥の操作で、「XO Security」プラグインのフォルダ名が変更できるので、「xo-security」の頭に「z」をつけて「zxo-security」に変更します。

「ConoHa WING」で、一旦標準のログインURLに戻す

この画面は閉じないでください。(このあとすぐに、フォルダ名を元に戻します)

「XO Security」で変更したログインURLを確認する

先の手順で「XO Security」のフォルダ名を一時的に変更したので、今は「XO Security」が無効になっています。

これにより、標準のログインURL(wp-admin/)でログインできるようになったので、「XO Security」で変更したログインURLを確認していきます。

「https://ドメイン名/wp-admin/」にアクセスしてログインします。

「ConoHa WING」で、一旦標準のログインURLに戻す

無事ログインできたら、変更したフォルダ名を「zxo-security」から「xo-security」に戻します。(手順は先の手順を参照)

WordPresの管理画面のメニュー「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」(①)をクリック。

「ConoHa WING」で、一旦標準のログインURLに戻す

「XO Security」の「有効化」(①)をクリックし、「設定」(②)をクリック。

「ConoHa WING」で、一旦標準のログインURLに戻す

「ログイン」タブをクリックし、変更ログインURLを確認します。

「ConoHa WING」で、一旦標準のログインURLに戻す

赤の下線部分が変更ログインURLなので、このURLにアクセスしてログイン画面が表示されるか確認してください。
無事、ログインできたら対応は完了です。

まとめ

プラグイン「XO Security」を導入している場合に、ログインできない(URLを忘れた)時の対応は、ほとんどが1番目の「ログインURLファイルを探す(FTP接続)」で解決できます。

まずは、まずは1番目の方法を試してみましょう!

ログインURLを忘れると、今回紹介している対方法が必要となるのでかなり面倒です。

「XO Security」で変更したログインURLは忘れないように必ずメモをしましょう!

関連記事

プラグイン「SiteGuard WP Pluginでログインできない場合は、こちらが参考になります。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次