【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

他社サーバーからロリポップに移行(移転)してみた(WordPress簡単引っ越し)

他社サーバーからロリポップにWebサイトを移行する(WordPress簡単引っ越し)

この記事では、他社サーバーからロリポップに【WordPress簡単引っ越し】を使ってWebサイトを移行(移転)する方法について、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

各レンタルサーバーでは、他社サーバーからWebサイトが楽にできる移行できる引っ越しツールが提供されていることが多いです。

この記事では、Webサイトを他社サーバーからロリポップへ引っ越しする方法を以下の手順で解説していきます。

引っ越しの手順

ここではエックスサーバーを移行元として解説していますが、移行元はWordPressのサイトであればどのレンタルサーバーでもかまいません。

また、移行元の情報はたった3項目だけです。

必要な移行元の情報は3項目だけ!

サイトURLhttps://ドメイン名
管理ページのログインユーザー名https://ドメイン名/wp-adminのユーザー名
管理ページのログインパスワードhttps://ドメイン名/wp-adminのパスワード
「WordPress簡単引っ越し」で必要な移行元の情報

ロリポップへの引っ越しを検討している場合は、ぜひ手順を参考にしてください!

ロリポップの関連記事

ロリポップの使い方の記事を中心にまとめているので、参考にしてください。

目次

事前準備

Webサイトの引っ越しの前に行うべき事前準備です。

移行先のドメイン設定(追加)

Webサイトを引っ越しする場合は、移行先(引っ越し先)のドメインが設定(追加)されていることが前提条件となります。

ドメインの設定(追加)がまだ終わっていない場合は、次の記事を参考にしてください。

違うドメインに引っ越し(ドメイン載せ替え)をする場合で、まだドメインの取得ができていない場合も、上の記事が参考になります。

プラグインの無効化

ロリポップの公式ページには、「WordPress簡単引っ越し」の概要や注意事項などが書かれています。

その中でも、注意すべきは以下の部分。

セキュリティ系のプラグインを導入していて、管理者ページのURLが変更されている場合は、引っ越しを行う際に一旦無効にして、引っ越しが完了した後に有効に戻してください

引用:WordPress(ワードプレス)簡単引っ越しの利用方法

自動でインストールされる引っ越し用のプラグインは、移行元のWordPressにログインしてサイトデータを移行します。

セキュリティ系のプラグインでログインURLが変更されているとログインできずに引っ越しが失敗するので、事前にプラグイン無効化が必須です。

ログインURLを変更できるプラグインには「SiteGuard WP Plugin」、「XO Security」がありますが、その他のプラグインでも変更されている場合は、無効化します。

以下は、「SiteGuard WP Plugin」、「XO Security」を無効化する手順です。

移行元サイトにログインし、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」をクリック。

セキュリティ強化プラグインを無効化する

「無効化」をクリックします。

セキュリティ強化プラグインを無効化する

2段階認証プラグインの無効化

セキュリティ強化として、WordPressへのログインを「2段階認証」に変更できるプラグインもあります。

この場合も事前にプラグインを無効化してください。

「WordPress簡単引っ越し」でWebサイトを引っ越し

では、Webサイトを移行元から移行先に引っ越します。

以下のロリポップのユーザー専用ページにアクセスし、ログインします。

ロリポップ!ユーザー専用ページ

「サイト作成ツール」→「WordPress簡単引っ越し」をクリック。

「WordPress簡単引っ越し」でWebサイトを引っ越し

引っ越し元のURL、ログインユーザー名、ログインパスワードと、引っ越し先のURLを入力し、「同意する」にチェックをつけて「引っ越しを開始する」をクリック。
サブディレクトリに引っ越しをしたい場合はそのディレクトリ名を入力

「WordPress簡単引っ越し」でWebサイトを引っ越し
「WordPress簡単引っ越し」でWebサイトを引っ越し

エラーにならずに上の画面が表示されるとWebサイトの引っ越しが完了です。

こんなエラーが出たら(タップで詳細を展開)

以下のエラーは、WordPressのログインURLが変更されている時に表示されます。

ログインURLを変更しているプラグインを無効化してください。

WordPress簡単引っ越しでエラーが発生

以下のエラーは、ユーザー名、パスワードのどちらかが間違っているか、画像認証(数字やひらがなの入力)が有効になっている場合に表示されます。

正しいユーザー名、パスワードを入力するか、画像認証を有効にしているプラグインを無効化してください。

WordPress簡単引っ越しでエラーが発生

ネームサーバーの変更

移行元とは異なるドメインへ引っ越しする場合は、この手順は不要です。
その場合は、SSL有効化(証明書導入)に進んでください。

ドメイン名そのままで引っ越しをする場合は、この手順を実行します。

移行元ではなく移行先(ロリポップ側)のWebサイトを表示させる手順です。

そのためには、移行元ドメインのネームサーバーをロリポップのネームサーバーに変更します。

この記事では、移行元はエックスサーバーですが、他のレンタルサーバーの場合はそれぞれの手順で変更してください。

Xserverアカウントにログインします。

Xserverアカウント

移行元のドメインの右にある3点リーダーアイコン(①)→「ネームサーバー設定」(②)をクリック。

ネームサーバー名をロリポップのネームサーバー名に変更する

「その他のサービスで利用する」をクリックし、ロリポップのネームサーバーの名前を入力し、「確認画面へ進む」をクリック。

ネームサーバー名をロリポップのネームサーバー名に変更する

ロリポップのネームサーバーは以下のページで確認できます。

ネームサーバー名をロリポップのネームサーバー名に変更する

ネームサーバーの名前は変更されることがあるので、必ず上記ページから確認してください。

これで、ネームサーバーの変更は完了です。

IPアドレスの確認(切り替わりの確認)

ネームサーバーの変更が終わっても、すぐにロリポップ側のWebサイトが表示されるわけではありません。

何故かというと、変更したネームサーバーの情報がネット上のDNSサーバーに反映されるのに時間がかかるからなんですね。

還じい

それまでは移行元のWebサイトが表示されるので、反映が終わるまでしばらく待ちましょう。

とは言っても、いつまで待てばいいのかわからないので、以降の手順で反映が終わったことを確認しましょう。

ロリポップのIPアドレスを確認

まず、ロリポップのIPアドレスを確認します。

ドメインのIPアドレスが、移行元(エックスサーバー)からこのIPアドレスに切り替わったら、反映が終わったと判断できます。

ユーザー専用ページで、「ユーザー設定」→「アカウント情報」をクリック。

ロリポップのIPアドレスを確認する

「ロリポップ!のドメイン」にあるURLの中のドメインだけをコピー。

ロリポップのIPアドレスを確認する

以下のページにアクセスし、コピーしたドメインを赤枠部分に入力して「nslookup実行」をクリック。

ロリポップのIPアドレスを確認する

以下の赤枠部分が、ロリポップのIPアドレスです。

ロリポップのIPアドレスを確認する

ドメインのIPアドレスを確認

では、ドメインのIPアドレスを確認します。

確認には、Windowsのコマンドプロンプトを利用しますが、起動方法は2つあるので好きな方で試してください。

Windowsキーと「R」の同時押し

1番目の起動方法です。
Windowsキーと「R」を同時に押し、以下のダイアログで「cmd」の入力とEnterキーでコマンドプロンプトが起動します。

引っ越したドメインのIPアドレスを確認する

検索ボックス

2番目の起動方法です。
タスクバーの虫眼鏡アイコンをクリックし、「検索ボックス」で「cmd」の入力とEnterキーでコマンドプロンプトが起動します。

引っ越したドメインのIPアドレスを確認する

起動したコマンドプロンプトで、「ping ドメイン名」と入力してEnterキーを押すと、以下のようにIPアドレスが表示されます。

引っ越したドメインのIPアドレスを確認する

ロリポップのIPアドレスが表示されたら、IPアドレスの確認(切り替わりの確認)は完了です。
最後に、SSLが無効になっている場合は有効化します。

SSL有効化(証明書導入)

ドメインのSSLを事前に有効化していた場合は、この手順は不要です。

試しに、https://ドメイン名でアクセスして、以下のような警告が表示される場合は、SSLは有効化されていません。

有効化の手続きをしましょう。

引っ越したドメインのSSLを有効化する

引き続きユーザー専用ページで、「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリック。

引っ越したドメインのSSLを有効化する

「SSL保護されていないドメイン」に、引っ越しをしたドメインが表示されていたら、両方のドメインにチェックをつけ、「独自SSL(無料)を設定する」をクリック。

引っ越したドメインのSSLを有効化する

「SSLで保護されているドメイン」の方にドメインがある場合は、既にSSLは有効化されているので、このあとの手順は不要です。

公式ページに書いているように、有効化されるまでに5分ほどかかるようです。

引っ越したドメインのSSLを有効化する

5分待って、「CTRL」 + 「R」でページを再表示させた時に、「SSLで保護されているドメイン」の方で「SSL保護有効」となっていたら、有効化は完了です。

これでSSLの有効化が完了しました。
https://ドメインにアクセスしても警告が表示されなければOKです。

WordPresの設定変更

httpのURLに引っ越しをしたので、WordPressのアドレス設定を修正してください。

WordPressにログインし、管理メニュー「設定」の「一般設定」(①)をクリック。

引っ越し後にWordPresのアドレスを変更する

赤枠部分がhttpになっているのでhttpsに修正して、「変更を保存」をクリック。

引っ越し後にWordPresのアドレスを変更する

以上で、他社サーバーからロリポップへのWebサイトの引っ越しがこれですべて完了しました。

まとめ

引っ越し前にセキュリティ強化プラグインの無効化などの作業はありますが、他社サーバーからロリポップへWebサイトを引っ越しするのはそんなに難しくありません。

ドメインそのままでも、違うドメインでも問題なく引っ越しはできるので、「WordPress簡単引っ越し」を使って効率よくWebサイトの引っ越しをしましょう!

ロリポップの関連記事

ロリポップの使い方の記事を中心にまとめているので、参考にしてください。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次