【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

jpgなどの画像を【WebP】に一括変換できるフリーソフトとWebクライアントツール

jpgなどの画像を【WebP】に一括変換できるフリーソフトとオンラインツール

この記事では、画像(jpg、png、gifなど)を一括でWebPに変換できるフリーソフト、Webクライアントツールについて、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

ブログの記事に画像を沢山使う人は必ず画像を圧縮しましょう。

なぜなら、画像を圧縮することでページ表示が速くなり、結果的に「SEO対策」にもなるからです。

ブログで稼ぐ場合は定番の施策といえます。

2018年7月より、ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することになりました。

引用:ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します

この引用を見てもわかるように、Googleも「ページ表示は検索結果に影響しますよ」と公言しているので、画像はできるだけ圧縮するようにしましょう!

ちなみに、ページ表示はGoogleの公式サイトで簡単に確認できます。

※表示スピード以外の問題点もわかります。

画像を圧縮する方法として、画像(jpg、png、gif)をさらに圧縮する方法を紹介してきました。

上記記事のように、画像をさらに圧縮するのもいいんですが、当サイト【還じいブログ】ではWebP(ウェブピー)形式の画像を採用しています。

WebPというのはGoogleが開発した画像フォーマットで、劣化を抑えつつ圧縮率を高く(容量を小さく)できるという特徴があります。

Googleもこのフォーマットを推奨しているので、WebPがこれからのスタンダードになるかもしれません。

この記事では、画像をWebPに変換できるフリーソフトWebクライアントツールの使い方などを解説しています。

どちらも簡単に変換できるので、参考にしてください!

目次

SEO対策として画像圧縮は必須

冒頭でも書きましたが、

画像を圧縮することは「SEO対策」にも繋がるんです。

圧縮することでページの表示が速くなるので、読んでくれる人を待たせることもありません。(離脱防止)

ページ表示の速さはGoogleの評価対象の可能性もあるので、画像は必ず圧縮しましょう。

WebPはGoogle開発の次世代フォーマット

ところで、この【還じいブログ】はすべての画像がWebP形式です。(この記事の中の画像ももちろんWebP)

ただ、WebPは画像フォーマットの中でも新しいフォーマットになるので、すべてのブラウザがWebPに対応しているわけではないんですよ。

それでも、WebP画像が表示できるブラウザが徐々に増えて、今ではChrom、Edge、Firex、Safariなどの有名どころはすべて対応が完了しています。

未対応なのは、古いブラウザ、開発中止のブラウザ、機能が特化されたブラウザなどですかね。

記事内の画像をWebPで統一するのであれば、本来はすべてのブラウザがWebP対応になるのを待つべきです。

でも、僕は割り切って画像をすべてWebPで統一しています。(jpgやpngなどは未使用)

還じい

WebPに未対応のブラウザを使っている人は、ごめんなさいです。

ちょっと乱暴ですが、主なブラウザはすべて対応しているので、もう画像はWebPでいいかなと思っています。

ちなみに、未対応ブラウザの場合は既存の画像(jpg、pngなど)を表示、WebP対応ブラウザではWebP画像を表示できる賢いプラグインもあります。

すべてのブラウザを考慮したい場合は、表示の使い分けができる「EWWWW Image Optimizer」というプラグインを使いましょう。

ただし、「EWWWW Image Optimizer」は過去にいろいろ問題があったプラグインです。

試しに、WebPに対応できる設定に挑戦しましたがわかりづらかったので、あまりお勧めできません。

WebPに変換できるおすすめツール

一括も含めて、画像をWebPに変換できるツールを2つ(+参考ツール)紹介します。

ブラウザだけで使えるWebクライアントツール

まずは、ブラウザだけで変換できるWebクライアントツールです。

以下のページにアクセス。

PCの画像(jpg、pngなど)を赤枠部分にドラッグ&ドロップ。

ブラウザを使ってオンラインツールでjpgなどの画像をWebPに変換

個別でも、まとめて一括でも、変換したWebP形式の画像をダウンロードが可能。

ブラウザを使ってオンラインツールでjpgなどの画像をWebPに変換

このWebクライアントツールは、CSSなどのTips集で有名な「サルワカ」さんのサイトで公開されています。

試しに40ファイルほどの画像をアップロードしてみましたが、サクッと変換されました。

注目する点として、Webサーバーにアップロードされて変換するわけではなく、変換ページにアクセスしたブラウザ上で変換処理が実行(PCで実行)されることです。

そのため、サーバ側に画像が保存される心配はありません。

また、使っているPCのスペックが高ければ、大量の画像変換もすぐに完了します。

ドラッグ&ドロップだけで簡単にWebP変換できるので、手軽に使いたい人にはおすすめのツールです。

還じい

ブラウザだけですぐに使えますよ!

圧縮率の指定はできませんが、WebPそのものが圧縮率が高いので問題ないでしょう。

デスクトップで動かすフリーソフト

続いては、PCにインストールしてデスクトップ上で動かすフリーソフト「WebpConverter」の使い方です。

公式サイトにアクセス。

「Win版をダウンロード」をクリック。(Macの場合はMac用のボタンをクリック)

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

インストーラがダウンロードされるので、適当なフォルダに保存。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

ダウンロードしたインストーラを起動し、以下の順番で進めてインストールを完了させます。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

Windowsのスタートボタン(①)をクリックし、「V」のカテゴリにある「WebpConverter」(②)をクリック。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

起動したら、まずは変換されたWebP画像の保存フォルダを指定しましょう。

「Options」をクリック。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

「Browse」ボタンをクリックして保存するフォルダを指定し、「×」マークをクリック。
※保存ボタンがなくても、自動で設定内容は保存されます。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

左下の「変換タイプ」は「JPG/PNG to Webp」に変更(①)し、PCの画像(jpg、pngなど)をそのままドラッグ&ドロップ(②)

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

「Convert」をクリック。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

これで、指定フォルダに変換されたWebP画像が保存されます。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

「WebpConverter」は「変換タイプ」の保存ができないので、起動するたびに変換タイプを変更しないといけないのがちょっと面倒ですかね。

あとは、ドラッグ&ドロップとConvertボタンで普通にWebPに変換できます。

ちなみに、「Options」で圧縮率の調整が可能です。

還じい

圧縮率が変更できます!

圧縮率を変更したい場合や、事情によりブラウザが使えない場合は「WebpConverter」を利用してください。

ブラウザを使うWebオンラインツール

ブラウザを使ったWebPへの変換を最後に参考情報として紹介します。

こちらの方法は、ブラウザを使う点では最初に紹介したサルワカさんのツール「ブラウザだけで使えるWebクライアントツール」と同じになります。

実は、画像を圧縮できる「TinyPNG」では、WebPへの変換もできるんです。

実際の使い方も簡単です。

以下の「TinyPNG」のページにアクセスし、①の「Convert my images、、、、、」をクリックして有効にし、「WebP」(②)にチェックをつけます。
あとは、変換したいjpgなどの画像をドラッグ&ドロップするだけです。

Webオンラインツールの「TinyPNG」でjpgなどの画像をWebPに変換

変換できる形式はjpgやpngなども指定が可能で、複数指定した場合は同時に変換され、まとめて一括でダウンロードすることも可能。

変換が完了すると、以下の画面が表示されるので、個別やまとめて一括でダウンロードができます。

Webオンラインツールの「TinyPNG」でjpgなどの画像をWebPに変換

サルワカさんのツールと、この「TinyPNG」では違いはほとんどないです。

だから、どっちを使っても全く問題はありません。

しいて違いをあげると、サルワカさんのツールはブラウザ(クライアントであるPC)で変換処理が実行されるので、変換する画像の数に制限はありません。

たいして、「TinyPNG」の方は画面のメッセージにあるように、変換できるのは20ファイルまで、最大5メガまでとう制限があります。

個人的にはサルワカさんのツールをおすすめします。

変換したWebP(画像)をWordPressにアップロード

変換したWebPをWordPressにアップロードする方法です。

WebPというよりも、WebPも含めた画像全般ですね。

記事内に追加してアップロードする

画像を追加(貼り付け)する記事を開き、PCに保存している画像(jpg、pngなど)を空ブロックにドラッグ&ドロップ(②)

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

これで、画像のアップロードと追加ができます。

還じい

意外と知られてないですが、ドラッグ&ドロップだと「画像」ブロックを使わなくても画像のアップロードと追加が同時にできます。

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

WebP(画像)ファイルのアップロードはこれで完了です。

メディアライブラリにアップロードする

次は、メディアライブラリにWebP(画像)をアップロードする方法です。

WordPress管理メニューの「メディア」」(①)→「新しいメディアファイルを追加」(②)をクリック。
次に、アップロード画面(赤枠部分)にPCの画像(jpg、pngなど)をドラッグ&ドロップ(③)

フリーソフトを使ってjpgなどの画像をWebPに変換

WebP(画像)ファイルのアップロードはこれで完了です。

まとめ

この記事では、WebPフォーマットに変換できるツールとして、以下の2つを紹介しました。

  • ブラウザだけで動作するWebクライアントツール
  • PCのデスクトップで動作するフリーソフト

ブラウザだけでサクッと変換できるので、「Webクライアントツール」がおすすめです。

これからの画像フォーマットの主流はWebPになるかもしれません。

他の画像と比べても、圧倒的に圧縮率が高いWebP画像を利用してページ表示を速くしていきましょう!

今まではデスクトップのフリーソフトを使っていましたが、今はサルワカさんのツールを使っています。

ブラウザは常時起動しているので、「ブックマークでアクセス」→「画像アップロード」だけで変換できるのは、かなり便利ですよ!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次