【ConoHa WING】実際に使ってわかったメリットとデメリットをまとめてみた

【ConoHa WING】実際に使ってわかったメリットとデメリットをまとめてみた

このページ内には【広告】が含まれています。

この記事では、【ConoHa WING】を実際に使ってわかったことメリット、デメリットについて、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

修正履歴

2024.07.08) 「ConoHa WING」の新しいキャンペーンにあわせて修正。

僕はロリポップとエックスサーバーを使っていて、それぞれ利用暦が8年と7年で比較的長いです。

そして、去年久々に契約したレンタルサーバーが「ConoHa WING」

「サーバーの処理速度が速い」という触れ込みと、「使いやすい」とう評判にひかれて契約してみました。

契約してからいくつかサイトを開設して、使ってみてわかったメリット、デメリット、そしてわかったことを正直に書いています。

「ConoHa WING」を検討中の人は、ぜひ参考にしてください!

参考

おすすめのレンタルサーバー

料金の安さ、ページ表示の速さコスパ(総合評価)の良さの観点で、おすすめレンタルサーバーについて書いています。

目次

「ConoHa WING」のメリット

まずは、「ConoHa WING」のメリットです。

実際に使ってみてよかったところは、以下のようなものがありました。

メリット(いいところ)
  • コントールパネルが使いやすい
  • 処理が速い
  • 独自機能が豊富

コントロールパネルが使いやすい

最初に、「サーバー処理が速い」ことを書こうと思ったんですが、コントロールパネルの使い勝手が予想以上によかったので、こちらを1番目に持ってきました。

ともかく、他社サーバーと比べても、コントロールパネルの操作性は抜群にいいです。

ロリポップとエックスサーバーを長く使い続けているからこそ、その操作性のよさが実感できました。

実際にコントロールパネルを使ってみるとわかりますが、非常にコンパクトにまとまっています。

コンパクトにまとまっているので、余計な操作がほとんど発生しないんですよね。

下の画像は実際のコントロールパネルですが、左のメニューで処理の対象が分けられていて、そこから下は機能ごとのメニューに分かれています。

「ConoHa WING」のコントロールパネル

操作は、「処理の対象」→「やりたいこと」を選択していくイメージですね。

還じい

初心者の人でもつまづくこともなく操作できるんじゃないでしょうか。

もし、他社サーバーから「ConoHa WING」に乗り換えたら、「コントロールパネル」の使いやすさを実感できると思いますね。

処理が速い

公式サイトでも、「サーバーの処理速度が速い」という点をアピールしているように、確かに僕が使っている他のレンタルサーバーよりも、ページ表示の速さも含めてさくさく動くことが体感できています。

ページ表示に関しては飛びぬけて速いというわけでないですが、それでも体感で速さがわかるほどには速いです。

ページ表示が体感で速くなったと言っても説得力がないと思うので、4万以上のWebサイトを計測した結果を載せておきます。

レンタルサーバーごとのページ表示結果
引用:【2024調査】レンタルサーバー等の速度ランキング【WordPress】
還じい

レンタルサーバー17社中1位の表示速度を計測していますね。

ダントツとはいきませんが、それでもサーバー処理速度№1と自負しているだけのことはあります。

ページ表示が速くなるということは訪問者の離脱も防ぐことになるので、SEOとしても効果があります。(Googleはページ表示の速さを評価すると公言)

ページ表示も速いんですが、それ以上に速いと感じているのがサーバー側での処理です。

コントロールパネルを使って負荷がかかる処理をしてみると、明らかに他社サーバーより速いということがわかります。

具体例でいうと、Webサイトの削除(WordPress+データベースの削除)です。

僕はWebサイトを作っては削除という操作をよくやるんですが、削除の処理が他のサーバーと比較しても明らかに速いんですよ。

「ConoHa WING」の場合は、あまり待たされることがなくいつの間にか削除が終わっていたという感じですかね。

還じい

しょっちゅう削除をするので、さくっと削除が終わるのはかなりありがたいです。

独自機能が豊富

「ConoHa WING」には、他社サーバーにはない独自のおもしろい機能が沢山用意されています。

ざっと書いてみても、これだけのものがあります。

  • 「Blog Creator」(AIブログ生成ツール)
  • 収容に余裕があるサーバーへ移行(混雑している場合)
  • アクセス解析(PVの確認など)
  • ネットde診断

なんといっても、「ConoHa WING」の目玉の機能は、「Blog Creator」(AIブログ生成ツール)です。

「Blog Creator」は記事を書くためのサポートツールなんですが、キーワードを指定するだけでAIが「タイトル」、「導入文」、「見出し」、「本文」をあっという間に生成してくれます。

本文は「見出し」に沿って生成された内容なので多少自分で肉付けや追加情報が必要ですけど、それでも他の部分はかなり満足できるものになっています。

別オプションでの月額330円の契約なので、気に入らなければその月で解約することができます。

AIで実際に記事を生成

試しに、この「Blog Creator」を使って実際に記事を作ってみたので、興味があれば読んでみてください。

他に個人的に興味があるのが、使っているサーバーが混んできたら他のサーバーに自由に移行できることです。

「ConoHa WING」のサーバーマイグレーション

現在使っているサーバーの空き状況はこんな感じですが、利用者が増えてくるとサイトが重くなることが考えられるので、その時には他の空いているサーバーに移行できますよということですね。

還じい

これ、かなりユニークな機能ですね。

まだ混んでいる状況じゃないので移行はできないですが、もしそういう状況になったらちょっと試してみたいと思います。

デメリット(悪いところ)

デメリット(悪いことろ)
  • コントロールパネルが重くなることがある
  • 無料のお試し期間がない
  • 利用料金の割高感

コントロールパネルが重くなることがある

メリットにさんざんコントロールパネルが使いやすいと絶賛したところなんですが。

メニューをクリックした時に、たまに長い時間画面表示で待たされる(重い)ことがあるんですよね。

頻度は少ないんですが、現象が発生した時はかなり長い時間画面が表示されずに待たされます。

もう慣れてしまいましたが、最初この現象が出た時はいつまでも終わらないんじゃないかと思ったぐらいです。

還じい

たまにしか発生しないとはいえ、どうしてもイライラしちゃうんですよね。

重さについては、今後改善してほしいところです。

無料のお試し期間がない

各レンタルサーバーでは、無料の「お試し期間」を設けているところが多いです。

でも、「ConoHa WING」にはないんですね。

「ConoHa WING」ってどういうサーバーなの?と、試しに使ってみたいという人にはお試し期間はありがたいのかもしれません。

だから、実際に使ってみてから申し込みたいという人にはおすすめできないです。

ただ、擁護するわけじゃないですけど、お試し期間って長くても2週間程度なんですね。

なので、初めてブログをする人なんかだとその期間には短すぎると思います。

還じい

あ、あくまでも、個人的感想です。

無料テーマCocoonのバージョンが古い

「ConoHa WING」では、Cocoonをコントロールパネルからインストールできたり、テーマファイルをダウンロードすることができます。

ただ、2024/06/15現在、2年前のかなり古いバージョンのままでなんですよね。(長い間メンテされてない)

「ConoHa WING」のCocoonのバージョン

インストールした後にCocoonをバージョンアップすれば簡単に最新版になるので、たいした問題じゃないかもしれません。

でも、あまりにも古いバージョンだとインストール直後にページの表示崩れが発生する可能性もあるんです。

だから、初心者さんなんかだと、「なんか変になった」と勘違いをしちゃうと思うんですよね。

常に最新版にしてくれとは言わないので、せめてメジャーバージョンぐらいは最新のものにしてくれないでしょうか。

あまり書きたくないんですが、「ConoHa WING」でCocoonがインストールできるようになった当初は、フォルダの作り方に問題があったようで、Cocoonのフォーラムに問い合わせが集中したことがありました。

今はフォルダの問題は改善されてますけど、バージョンが古いままでメンテナンスされていないところを見ると、Cocoonのサポートは積極的ではないのかなと思ってしまいます。

還じい

無料テーマのCocoonはよく利用されているので、古いバージョンだけはなんとかしてほしいものです。

「ConoHa WING」の機能

「ConoHa WING」では、サイト(ブログ)を効率よく運営できるための機能が用意されています。

僕がよく使っている機能は以下の通り。

  • WordPressインストール(WordPressとテーマの同時インストール)
  • WordPressサイトコピー
  • Webサイト削除(WordPress/ドメイン/DB)
  • ドメイン設定/SSL設定
  • サイト転送設定
  • WordPressかんたん移行(他社サーバからのサイト引っ越し)
  • ファイルマネージャー
  • 自動バックアップ/復元

この中でも、新規開設用に重宝しているのが「サイトコピー」

新規サイト開設用に雛形サイト(WordPress/テーマ/プラグイン/設定の全てがセットアップ済み)を準備しておくと、「サイトコピー」で10分で新規サイトの開設が可能です。

サイト開設のたびに、毎回同じ作業をするのはかなり面倒なので、雛形サイトのコピーで圧倒的に時間を短縮してサイト開設ができます。

還じい

個人的には一番おすすめの機能です。

「ConoHa WING」のスペック(仕様)

「ベーシック」プランのスペック(仕様)の詳細については、以下の公式サイトを参照ください。

機能一覧

ここでは、サイト運営で一番重要な項目のみピックアップしてみました。

独自ドメイン(Webサイト)無制限
データベース(MySQL)無制限
データベース容量5.0GB/個
ストレージ容量(SSD)※保存できるデータサイズ300GB
「ConoHa WING」(ベーシックプラン)のスペック(仕様)

ストレージの容量は300GBと十分なサイズが確保されています。

また、マルチドメイン(独自ドメイン)も無制限、データベースも無制限なので、制限を気にせずWordPressのWeサイトをどんどん開設できます。

収益確保を目指して複数サイトを運営する場合でも、ほとんど心配はないスペックだといえます。

「ConoHa WING」はこんな人におすすめ

ここまで、「ConoHa WING」について、メリット、デメリット、わかったことなどを書いてきました。

「ConoHa WING」を使ってみた感想としては、

サーバー処理の速さを重要視している人には、最適なレンタルサーバーだと思います。

また、「コントロールパネル」の操作性も抜群なので、サイト(ブログ)の運営が楽しくなりますよ。

キャンペーン友達紹介を有効利用すれば、かなり安い料金で申し込みをすることができます。

「ConoHa WING」では、「お友達紹介」と「キャンペーン」のダブル割引きを使った新規申込ができます。

契約期間を12ヶ月以上で申し込むと「無料ドメイン」が2個もらえてさらにお得。

通常のドメインは、\1,500~\2,500の取得費用、更新費用(毎年)が必要です。

「無料ドメイン」の場合は取得費用が無料で更新費用もずっと無料になるので、レンタルサーバー以外の運営費用が無料になります。

ダブル割引きで申し込んでみる/

/ 7/22(月)16:00までの限定割引 \

ダブル割引きについてはこちら(タップで詳細を展開)

7/22(月)16:00までに申し込むと、「お友達紹介」と「キャンペーン」のダブル割引きが利用できます。

「ConoHa WING」のお友達紹介
「ConoHa WING」のキャンペーン

「お友達紹介」と「キャンペーン」の割引き詳細は以下の通り。

特典名適用期限割引きの詳細
お友達紹介不明どのプランでも12か月以上の契約で、一律\5,000割引き
キャンペーン
料金計算
7/22(月)16:00最大55%OFF
契約期間が12ヶ月以上の場合、無料ドメイン(2個)
「Conoha WING」のお友達紹介とキャンペーン詳細

そして、「お友達紹介」と「キャンペーン」の割引きを適用した結果が、以下の表です。

「ConoHa WING」のダブル割引き

「ConoHa WING」は他社のサーバーと比べると料金は高めですが、それでも割引き率が一番高くなる契約期間が36か月の場合、トータルするとに「48%OFF」となります。

参考

おすすめのレンタルサーバー

料金の安さ、ページ表示の速さコスパ(総合評価)の良さの観点で、おすすめレンタルサーバーについて書いています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次