ロリポップからエックスサーバーに引っ越し!(WordPress簡単移行)

ロリポップからエックスサーバーに引っ越し!(WordPress簡単移行)

この記事では、ロリポップからエックスサーバー(Xserver)にWordPressを引っ越し(移行)をした時の手順について解説します。

移行先はエックスサーバーを対象としていますが、移行元はどのレンタルサーバーでも構いません。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

周世履歴

2024.03.11)

先日、ロリポップにあったWordPress(ブログ)をエックスサーバー(Xserver)の「WordPress簡単移行」を使って、引っ越し(移行)をしてみました。

移行元はロリポップとなっていますが、移行元のレンタルサーバーはどこでもかまいません。

移行元の必要な情報は3項目だけ!

サイトURLhttps://ドメイン名
管理ページのログインユーザー名https://ドメイン名/wp-adminのユーザー名
管理ページのログインパスワードhttps://ドメイン名/wp-adminのパスワード
「WordPress簡単移行」で必要な移行元の情報

「WordPress簡単移行」の画面に従って入力するだけで、10分もあれば移行が完了するので、他のレンタルサーバーからエックスサーバーへの引っ越し(移行)が簡単にできます。

エックスサーバーへの引っ越しを検討している人は、ぜひ参考にしてください!

ムームードメインを使っている人は、

ムームードメインが値上げをしているので、更新費用が安くなるXserverドメインへの移管をおすすめします。

ムームードメインの値上げについて

実際にドメインの引っ越し(ドメイン移管)をした時の手順をわかりやすくまとめました。

現在、Xserverドメインでは「.com」「.net」「.jp」などの人気ドメインを、「1円」で移管(更新)できるキャンペーンを2024年4月2日(火)まで実施しています。

目次

移行の動作要件と事前作業

移行の手順の前に、次の動作要件事前準備を確認してください。

参考 エックスサーバー公式の、「WordPress簡単移行」についての詳細が書かれているページです。

WordPress簡単移行 | レンタルサーバーならエックスサーバー

「WordPress簡単移行」の動作要件

エックスサーバーの「WordPress簡単移行」ツールには以下の動作要件(注意事項)があるので、念のため確認しましょう。

  • WordPressのバージョンが 4.2 ~ 6.2 であること
  • PHPのバージョンが5.3以上であること
  • 移行元のWordPressが以下に当てはまる場合、エラーとなります。

 

  • マルチサイト機能を使用している場合
  • データベースの容量が2GBを超えている場合
  • WordPress.comからの移行である場合
  • 「PHPからtar、zipコマンドのいずれも利用不可」かつ「PHPのzipモジュールが利用不可」の場合
引用元:WordPress簡単移行 | レンタルサーバーならエックスサーバー

動作条件としていろいろ書いてますが、よっぽど前に作ったサイトでない限り問題はないと思います。

ただし、サーバーにWordPress.comを使っている場合は移行できないですが、エックスサーバー(Xserver)、ロリポップ、などのいわゆる「レンタルサーバー」を使っていればOKです。

「WordPress簡単移行」の事前作業

引っ越し先のドメイン設定

引っ越し(移行)するには、事前に移行先のドメイン設定(追加)を行う必要があります。

まだドメイン設定が完了していない場合は、以下の記事を参考に設定をしてください。

セキュリティ強化プラグインの無効化

移行元のサイト(ブログ)で以下のセキュリティ強化プラグインを導入している場合は、無効にする作業が必要です。

  • 「SiteGuard WP Plugin」
  • 「XO Security」

どちらのプラグインも使っていない場合は、次の無効化作業をスキップして「WordPress簡単移行」で移行するに進んでください。

「SiteGuard WP Plugin」、「XO Security」を使っている場合は、不正アクセス防止としてWordPressのログインURLを標準のURL(https://ドメイン/wp-admin/)から変更していることが多いと思います。

エックスサーバーの「WordPress簡単移行」では、WordPressの標準のURLからログインして移行処理を実行するため、プラグインを無効化しないと移行に失敗します。

以下は、「SiteGuard WP Plugin」、「XO Security」を無効化する手順です。

移行元サイトのログインページにログインし、左のメニューから「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」をクリック。

セキュリティ強化プラグインを無効化する

「SiteGuard WP Plugin」、「XO Security」の「無効化」をクリックします。

セキュリティ強化プラグインを無効化する

2段階認証プラグインの無効化

セキュリティ強化として、WordPressへのログインを「2段階認証」にするプラグインがあります。

「2段階認証」が有効となっている場合も「WordPress簡単移行」はログインに失敗するので、事前にプラグインを無効化してください。

「WordPress簡単移行」で移行する

準備作業が終わったので、いよいよ「WordPress簡単移行」を使って移行(引っ越し)をしてみます。

以下のサーバーパネルのURLにアクセスして、ログインします。

サーバーパネル – ログイン | レンタルサーバーならエックスサーバー

「WordPress簡単移行」をクリック。

XServerの「WordPress簡単移行」でサイト(ブログ)を移行する

移行に必要な情報を下表に従って入力し、「確認画面へ進む」をクリック。

XServerの「WordPress簡単移行」でサイト(ブログ)を移行する
A、B移行先ドメイン
移行元のURL(httpsまたはhttpを選択)
移行元ドメイン
③、④移行元のログインユーザー名/パスワード
サブディレクトリに移行したい場合はサブディレクトリ名を入力
移行情報

入力内容に間違いがないか確認し、「移行を開始する」をクリック。

XServerの「WordPress簡単移行」でサイト(ブログ)を移行する

次のように、移行処理中の画面になります。

XServerの「WordPress簡単移行」でサイト(ブログ)を移行する

移行が完了すると以下の画面になるので「確認」をクリック。

XServerの「WordPress簡単移行」でサイト(ブログ)を移行する

※実際に移行させてみると、5分ほどかかりました。

これで、エックスサーバー(Xserver)への移行(引っ越し)は完了となります。
※ただし、まだネームサーバーの変更が完了していないので、移行先のページにアクセスしても移行元のサイトが表示されます。

ネームサーバーの変更は、引き続き次の手順に進んでください。

ネームサーバを変更する

引っ越し先のドメイン名が同じ場合

移行元と移行のドメイン名が同じ場合に、以降の作業に進んでください。

移行先のドメインが異なる場合は、以降の手順は不要)

サイト(ブログ)の引っ越しにより、移行元のドメインのネームサーバ(DNS)を、エックスサーバーのネームサーバーに変更する必要があります。

ここでの手順は、移行元のドメイン管理会社は「ムームードメイン」を例として書いていますが、他のドメイン管理サービス(エックスサーバー、Conoha、お名前.comなど)の場合も、エックスサーバーのネームサーバーに変更すれOKです

以下は、ネームサーバを変更する手順です。

移行元のムームードメインのコントロールパネルにログインします。

左のメニューの「ドメイン操作」をクリックしたら「ドメイン一覧」(①)→移行元のドメイン(②)とクリックします。

ネームサーバーを変更する

「ネームサーバ設定変更」をクリック。

ネームサーバーを変更する

エックスサーバーのネームサーバー名を入力し、「ネームサーバ設定変更」をクリック。

ネームサーバーを変更する

移行先(エックスサーバー)のネームサーバー
※以下は選択してコピーできます。

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

ネームサーバーを変更する

これで、ネームサーバーの変更が終わりました!

移行先への切り替わりを確認する

引っ越し先のドメイン名が同じ場合

移行元と移行のドメイン名が同じ場合に、以降の作業に進んでください。

移行先のドメインが異なる場合は、以降の手順は不要)

サイト(ブログ)の引っ越しは、

引っ越しをしたサイトのIPアドレスが、移行先(エックスサーバー)のIPアドレスに切り替わって、ようやく完了となります。

IPアドレスを切り替える作業が、先に実施した「ネームサーバを変更する」ですが、その作業が完了してもすぐにIPアドレスが切り替わるわけではありません。

そのため、IPアドレスが切り替わる前にアクセスした場合、移行元にアクセスしてしまうので注意してください。

経験上、遅くても次の日には切り替わるので、それまではアクセスはやめましょう!

還じい

コーヒーでも飲んで、ゆっくり待ちましょうか。

IPアドレスの切り替わりを確認

以降の手順で、移行先のIPアドレスに切り替わったか確認します。

移行先のIPアドレスを確認

まずは、切り替わり先(移行先)となるエックスサーバーのIPアドレスを確認します。

サーバーパネルの「アカウント」にある「サーバー情報」をクリックすると、IPアドレスが確認できます。

エックスサーバーのIPアドレスを確認

引っ越したサイトのIPアドレスを確認

次に、引っ越しをしたサイトのIPアドレスが、さきほど確認したエックスサーバーのIPアドレスに切り替わったか確認します。

ブラウザを使ったnslookupコマンドによるIPアドレスの確認方法です。

以下のサイトにアクセスし、ドメイン名またはトップページのURLを入力(①)し、「nslookupの実行」(②)をクリック。

nslookupコマンドで移行先のIPアドレスを確認

以下の赤枠部分に、ドメインに紐づけられたIPアドレスが表示されます。

nslookupコマンドで移行先のIPアドレスを確認

赤枠部分が、エックスサーバーのIPと一致してれば切り替わりが完了です。

一致していない場合は、もう少し待ってみましょう。

これで、エックスサーバー(Xserver)への移行(引っ越し)は全て完了です。

「WordPress簡単移行」での移行ドメインを表示できるようにする

「WordPress簡単移行」で移行したドメイン(Webサイト)は、通常は「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示されません。

でも、最近サーバーパネルへ追加された機能で、移行したドメインを一覧に表示できるようになりました。

「インストール済みWordPress一覧」に表示されないと、以下のデメリットがあります。

  • 「サイトコピー」が使えない。
  • MySQLのユーザー(DB接続ユーザー名)が確認できない。

2番目のユーザー名は、WordPressのフォルダにあるwp-config.phpを参照することで、まぁなんとか確認はできます。

ですが、「サイトコピー」は「インストール済みWordPress一覧」に表示されたドメインをコピーする機能であるため、表示されないことには「サイトコピー」は使えません。

還じい

「サイトコピー」は、バックアップ新規サイトの量産が簡単にできるので、かなり便利な機能ですよ!

「サイトコピー」を使う予定がなければ、次の手順は実施しなくてもかまいません。

移行ドメインを「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする手順です。

サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリック。

「WordPress簡単移行」での移行ドメインを「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする

「WordPress簡単移行」で移行したドメインの「選択する」をクリック。

「WordPress簡単移行」での移行ドメインを「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする

以下のように、通常は移行ドメインは「インストール済みWordPress一覧」に表示されません。

「追加」をクリック。

「WordPress簡単移行」での移行ドメインを「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする

「追加する」をクリック。

「WordPress簡単移行」での移行ドメインを「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする

これで「インストール済みWordPress一覧」に追加されたので、「戻る」をクリックして一覧を確認します。

「WordPress簡単移行」での移行ドメインを「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする
「WordPress簡単移行」での移行ドメインを「WordPress簡単インストール」の「インストール済みWordPress一覧」に表示できるようにする

これで、「インストール済みWordPress一覧」に移行したドメインを表示させる方法は完了です。
この移行ドメインを元にして「サイトコピー」する場合は、「コピー」をクリックすればコピーできます。

まとめ

ここまで解説したように、「WordPress簡単移行」の画面に従って入力するだけで、他のレンタルサーバーからエックスサーバーへの引っ越し(移行)が簡単に終わります。

他のレンタルサーバーからの移行を考えている場合は、エックスサーバーがおすすめです。

自分で引っ越しするのが不安な方

7/10までだと、エックスサーバーへの引っ越し(移転)が「0円」で申し込めます。

エックスサーバーのエンジニアスタッフによる移転作業なので、全部おまかせで安全に引っ越しできます。

Webサイト(WordPress)の移転が「0円」となる申し込みであり、エックスサーバーの申し込みが「0円」になるものではありません。

ムームードメインを使っている人は、

ムームードメインが値上げをしているので、更新費用が安くなるXserverドメインへの移管をおすすめします。

ムームードメインの値上げについて

実際にドメインの引っ越し(ドメイン移管)をした時の手順をわかりやすくまとめました。

現在、Xserverドメインでは「.com」「.net」「.jp」などの人気ドメインを、「1円」で移管(更新)できるキャンペーンを2024年4月2日(火)まで実施しています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次