【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

【初心者向け】サーチコンソールの使い方(検索データの分析)

【初心者向け】サーチコンソールの使い方(検索データを分析する)

この記事では、Googleのサーチコンソール(Search Console)を使って検索データの分析方法について、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

サイト(ブログ)に記事を投稿しても、その記事が狙い通りに検索で上位表示できるとはかぎりません。

記事を書く時にどんなに頑張ってリサーチ(調査)したとしても、上位表示できる保証はどこにもないんです。

だから、

「上位表示できない原因を分析」→「記事のリライト(見直し)」をして、「検索結果で上位表示を目指す」必要があります。(いわゆるSEO対策ってやつですね)

ではどうやって分析するかというと、Googleから無料で提供されているサーチコンソール(Search Console)というツールを使うのが最も一般的です。

この記事では、サーチコンソールの機能である「検索パフォーマンス」を使った分析方法を中心に解説していきます。

せっかく書いた記事が無駄にならないように、しっかり分析ができるようになりましょう!

目次

「検索パフォーマンス」で検索結果を分析する

まずは、一番大事なのが「実際に検索されたキーワード」(生キーワード)を確認することから始まります。

記事をリライトするためには必須の確認作業で、場合によっては思ってもないキーワードで検索していることがあります。

還じい

お宝キーワードを発見!

なので、「生キーワード」を確認することは、リライトだけではなく、新しい記事を書くためのキーワードの発見にすにも繋がります。

他の操作(分析)はともかく、とにかくこの生キーワードを確認する操作だけは必ず覚えてください!

ここでは、「検索パフォーマンス」の基本的な使い方は習得している前提で解説します。

「検索パフォーマンス」の操作がよくわからない場合は、事前に以下の記事で予習をしておいてください。

上記記事で基本操作を習得しておくと、以降の解説を読んでもスムーズに理解できると思います。

指定ページの検索(生)キーワードを確認する

では、実際にページを指定して、入力された検索キーワードを確認してみます。

まず、サーチコンソールにログインします。

ログイン方法がわからない場合は、以下の記事が参考になります。

ログインしたら、左のメニューから「検索パフォーマンス」をクリック。

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」を使う

すると、下のような「検索パフォーマンス」の画面が表示されます。

サーチコンソールの「検索パフォーマンス」を使う

「検索データ(グラフ)」の上にある「新規」をクリック。

サーチコンソールで、指定ページの検索キーワードを確認する

「ページ」をクリック。

サーチコンソールで、指定ページの検索キーワードを確認する

「正確なURL」を選択し、調査したいページのURLを入力して「適用」をクリック。

サーチコンソールで、指定ページの検索キーワードを確認する

すると、「検索データ(グラフ)」の方に、入力したページだけに絞った検索データが表示されます。

サーチコンソールで、指定ページの検索キーワードを確認する
  • デフォルト(標準状態)では、「合計クリック数」と「合計表示回数」の検索データが確認できます。
  • 検索データが表示される期間は、デフォルトでは過去3か月です。

「平均CTR」、「平均掲載順位」の検索データも確認したい場合は、それぞれの項目をクリックします。

サーチコンソールで、指定ページの検索キーワードを確認する

「検索データ(テーブル)」の方でも、指定ページに対する各項目の検索データが数字で確認できます。

サーチコンソールで、指定ページの検索キーワードを確認する

検索キーワードから、検索されたページを確認する

記事が増えると、似たようなキーワードで記事を書くこともあるかもしれません。

実際に入力された検索キーワードが、どのページに対する検索だったのかわからない場合、対象ページを確認することができます。

「検索データ(テーブル)」で、該当の検索キーワード(クエリ)の行を選択します。

サーチコンソールで、検索キーワードから検索されたページを確認する

これで、不要な検索キーワードが除外されたので、「ページ」をクリック。

サーチコンソールで、検索キーワードから検索されたページを確認する

これで、選択した検索キーワードを使って、実際に検索されたページが確認できます。

サーチコンソールで、検索キーワードから検索されたページを確認する

この時、「検索データ(グラフ)」の方も、選択した検索キーワードで検索された時のグラフデータを確認できます。

サーチコンソールで、検索キーワードから検索されたページを確認する

ここまで、「検索データを分析する操作方法について解説してきました。

分析の操作を覚えて、アクセスを増やすための対策(リライト)に、スムーズに進めるようにしましょう!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次