【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

【ConoHa WING】Webサイトを削除する(WordPress/DB/ドメインの削除/ドメイン解約)

【ConoHa WING】Webサイト削除する(WordPress/DB/ドメインの削除)

この記事では、「ConoHa WING」でWebサイトを削除する方法(WordPress/DB/ドメインの削除)とドメインを解約する方法について、くわしく解説していきます。

レンタルサーバーは、ConoHa WINGを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

修正履歴

2024.04.07)削除の手順がわかりづらかったので修正。

この記事では、「ConoHa WING」でWebサイト(WordPress/DB/ドメイン)の削除、ドメインの解約の手順を詳しく解説していきます。

不要となったWebサイトをいつまでも残しておかないで削除していきましょう!

ちなみに、次のパターンに該当する場合に、この記事の削除手順が参考になるかと思います。

  • 不要Webサイトを削除または、ドメインの解約をしたい
  • Webサイトを作り直したい

「ConoHa WING」では、WordPressの「削除」ボタン一発で、DB(データベース)まで自動削除してくれるのでかなり使い勝手がいいです。

還じい

僕が他に使っているエックスサーバーやロリポップだと、DBも自分で削除しないといけないのが、ちょっと手間なんですよね。

ということで、「ConoHa WING」を使っている人は、この記事を読んで削除の参考にしてください!

関連記事

エックスサーバーでWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

ロリポップ!でWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

目次

Webサイトを削除する

Webサイトは以下の順番で削除していきます。

「Webサイトを作り直したい」場合は、1番目の「WordPressの削除」だけでOKです。

WordPressの削除

最初に、WordPressを削除します。

「ConoHa WING」の場合は、WordPressを削除すると自動で紐づいていたデータベースも削除されます。

なので、データベースを削除する操作はありません!

以下のコントロールパネルにログインします。

コントロールパネル(ConoHa WING)

「サイト管理」メニューをクリックし、選択されているドメインを確認します。

ConoHaWINGのコントロールパネルのログイン画面
違うドメインが選択されていたら(タップで展開)

違うドメインが選択されていたら、次の手順でドメインを切り替えます。

「切り替え」をクリック。

選択しているドメインを切り替える

切り替えたいドメインの左にある「切り替え」をクリック。

選択しているドメインを切り替える

「サイト管理」の「サイト設定」をクリック。

「ConoHa WING」のWordPress(+DB)を削除する

削除したいWebサイト(URL)の「削除」ボタンをクリック。

「ConoHa WING」のWordPress(+DB)を削除する

サブディレクリがある場合は、サブディレクトリのWordPressも削除しましょう。

「ConoHa WING」のWordPress(+DB)を削除する

「データーベースも削除する」にチェックをつけて、「はい」をクリック。

「ConoHa WING」のWordPress(+DB)を削除する

「データーベースも削除する」にチェックをつけないと、データーベースがゴミとして残ってしまうので必ずチェックをつけましょう!

「ConoHa WING」のWordPress(+DB)を削除する

これで、WordPressと紐づくデーターベースの削除が完了です。
「Webサイトを作り直したい」場合は、新規にWordPressをインストールすることができます。

ドメインの削除

次に、ドメインを削除します。

「Webサイトを作り直したい」場合は、以降の作業は不要です。

「サーバー管理」→「ドメイン」とクリック。

「ConoHa WING」のドメインを削除する

ドメインの「削除」ボタンをクリック。

「ConoHa WING」のドメインを削除する

「はい」をクリック。

「ConoHa WING」のドメインを削除する

これでドメインが削除されます。

ドメインの解約

ドメインを解約したい時の手順です。

「ドメイン」をクリックし、解約したいドメイン名をクリック。

「ConoHa WING」のドメインを解約する

「ドメイン情報/契約情報」をクリックし、「自動更新設定」の「OFF」をクリック。

「ConoHa WING」のドメインを解約する

これで、ドメインの解約が完了しました。

「ConoHa WING」はドメインの解約という操作はなく、ドメインの自動更新をOFFにすることで解約となります。

まとめ

他のレンタルサーバーではWordPressを削除したらデータベースの削除も必要となることがあります。

「ConoHa WING」の場合は、WordPressを削除するとデータベースも自動で削除してくれるので、かなり使い勝手がいいです。

また、ドメインの解約もそのままコントロールパネルからできるので、解約も面倒な手間はかかりません。

Webサイトの削除、解約、作り直しをしたい場合は、今回解説している手順を参考にしてください!

関連記事

エックスサーバーでWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

ロリポップ!でWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次