【ConoHa WING】Webサイト(WordPress+DB)を削除する

【ConoHa WING】Webサイト(WordPress+DB)を削除する

この記事では、ConoHa WINGでWebサイト(WordPressとDB)を削除する方法について、くわしく解説していきます。

レンタルサーバーは、ConoHa WINGを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

  • 一度作成したWebサイトを作り直したい
  • 既存のWebサイトに別なWebサイトを移行したい。

こういう場合は、事前にWebサイトを削除すると不要なファイル/フォルダが残らないので、クリーンな環境を作ることができます。

この記事では、レンタルサーバー「ConoHa WING」で、Webサイト(WordPressとDBのペア)を削除する手順について、詳しく解説してきます。

どのレンタルサーバーでもWebサイトを削除することはできますが、エックスサーバーやロリポップなどは、「WordPressを削除」→「紐づくデーターベースを削除」という、2つの削除操作が必要となります。

削除操作そのものは特に難しくないんです。

ただし、WordPressに紐づくデーターベースを自分で調べて削除しないといけないのが、ちょっと残念なんですよね。

自分で調べるとなると、「間違って関係ないデーターベースを削除してしまった!」ということもありえるわけです。

還じい

間違って削除されると、そのサイトではデーターベースに繋がらないという致命的な問題が発生して、復旧がかなり難しくなります。

その点、「ConoHa WING」の場合は、削除ボタンを1回クリックするだけで、WordPressと紐づくデーターベースを自動で削除してくれるので、安全に削除することができます。

ということで、「ConoHa WING」を使っている人は、この記事を読んでWebサイトを削除する方法を覚えてください!

関連記事

エックスサーバーでWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

ロリポップ!でWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

目次

Webサイト(WordPress+DB)を削除する

では、「ConoHa WING」でWebサイト(WordPressとそれに紐づくデーターベース)を削除する方法です。

Webサイトは、WordPressとデーターベースの組み合わせで構築されるため、WordPressを削除する場合は紐づくデーターベースも一緒に削除します。

メールアドレス、パスワードを入力して、コントロールパネルにログインします。

コントロールパネル(ConoHa WING)

ConoHaWINGのコントロールパネルのログイン画面

「サイト管理」メニューをクリックし、選択されているドメインを確認します。

ConoHaWINGのコントロールパネルのログイン画面
違うドメインが選択されていたら(タップで展開)

違うドメインが選択されていたら、次の手順でドメインを切り替えます。

「切り替え」をクリック。

選択しているドメインを切り替える

切り替えたいドメインの左にある「切り替え」をクリック。

選択しているドメインを切り替える

「サイト管理」の「サイト設定」をクリック。

Webサイト(WordPress+DB)を削除する

削除したいWebサイト(URL)の「削除」ボタンをクリック。

Webサイト(WordPress+DB)を削除する

「データーベースも削除する」にチェックをつけて、「はい」をクリック。

Webサイト(WordPress+DB)を削除する

「データーベースも削除する」にチェックをつけないと、データーベースは削除されずにWordPressだけ削除されます。

Webサイト(WordPress+DB)を削除する

これで、Webサイト(WordPressとそれに紐づくデーターベース)の削除が完了です。

WordPressに紐づくデーターベースの確認方法

Webサイトの削除では、WordPressと紐づくデーターベースが自動で削除されるため、削除の時に、WordPressがどのデーターベースに紐づいているのかは知る必要はありません。

ただし、問題が発生して自動バックアップからWebサイトを復元する時は、WordPressに紐づいているデーターベースも復元する必要があるため、紐づけを確認する方法は知っておいた方が絶対にいいです。

ここでは、以下の関連(紐づけ)を調べてみます。

  • WordPressと紐づくデーターベース
  • データベースに接続するユーザー

※WordPressアプリは、専用のユーザーを介してデータベースと接続します。

WordPressと紐づくデーターベース

まず、WordPressと紐づくデータベースの名前を調べます。

「サイト管理」の「サイト設定」をクリック。

WordPressに紐づくデーターベースを確認する

調べたいWordPress(URL)をクリック。

WordPressに紐づくデーターベースを確認する

赤枠部分に、クリックされたWordPressに紐づくデータベース名が確認できます。(この画像では、ibk77_547638m7

次はデーターベースに接続するユーザーを調べるので、「サイト管理」の「データーベース」をクリック。

WordPressに紐づくデーターベースを確認する

画面の「ユーザー」を確認していきます。

「ユーザー名」を上から順番にクリックして内容を展開すると、さきほど確認したデータベースのネームタグと一致するものが見つかります。
※「ネームタグ」は、データーベース名の「_」(アンダーバー)以降の部分です。(この例では、ibk77_547638m7の547638m7

WordPressに紐づくデーターベースを確認する

緑枠の部分が、データベースに接続するユーザー名です。(この例では、ibk77_48y7n686)

これで、WordPressに紐づくデーターベース名と接続ユーザ名が確認できました。

データーベース名ibk77_547638m7
ネームタグ(データーベース別名)547638m7
接続ユーザー名ibk77_48y7n686
WordPressに紐づくデーターベース名と接続ユーザー名

ちなみに、

同じ画面にある「データベース」では、データーベースの情報が確認できます。

「ネームタグ」をクリックすると、データベースの情報が確認できます。

WordPressに紐づくデーターベースを確認する

「データーベース」画面に注意!

「サイト管理」→「データーベース」の画面には、現在選択されているドメイン(サイト)に関連するデーターベースだけが表示されるわけではありません。

サーバー内の全サイトのデーターベースが表示されることに注意してください。

まとめ

「ConoHa WING」では、Webサイトを削除するとWordPressと紐づくデーターベースも自動で削除してくれるので、安心して利用できます。

また、WordPressとデーターベース(ユーザー)の紐付も確認できるので、「ConoHa WING」を使っている人は、WordPressとデーターベースの紐づけが確認できるようになりましょう!

関連記事

エックスサーバーでWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

ロリポップ!でWordPress(Webサイト+DB)を削除する場合は、以下の記事を参照ください。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次