【エックスサーバー】Webサイトを削除する(WordPress/DB/ドメインの削除、ドメイン解約)

【エックスサーバー】Webサイトを削除する(WordPress/DB/ドメインの削除)

この記事では、エックスサーバーで、Webサイトを削除する方法(WordPress/DB/ドメインの削除)とドメインを解約する方法について解説します。

レンタルサーバーは、エックスサーバーが対象です。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

修正履歴

2024.02.27)DB接続ユーザーの削除手順が漏れていたので追記。

2024.03.12)ドメイン削除に「初期化」の手順を追記。

2024.03.29)削除する順番を変更

2024.04.20)ドメインの解約手順を追加

サイト開設後に不要となったサイトは、サーバーパネルでWordPress(サイト)を削除することができます。

ただ、今のレンタルサーバーはHDの容量が大きかったり、DBも十分な数が作れるプランがほとんどなので、あえてリスクのある削除をしなくても、放置でもいいんじゃないかと思います。

とは言っても、不要サイトが大量に残ってしまうことでゴミとして残ったドメイン、DBがあふれてしまうので、サーバパネルで間違った操作をすることも考えられます。

操作誤りを避けるためにも、できれば不要サイトは削除していきましょう。

注意!

DBやDB接続ユーザまできちんと削除しないと、DB接続ユーザー数の上限に達してWordPressがインストールできなくなることがありますよ!

もし、同じドメインでサイトを作り直したい場合は、ドメインの「削除」ではなく「初期化」をすれば、「ドメインの追加(設定)」は不要で、すぐにWordPressがインストールできます。

「初期化」の手順は「ドメインを削除する」を参照ください。

ここでは、実際にエックスサーバーでWebサイト(WordPress/ドメイン/DB)を削除した時の手順をもとに解説していきます。

なお、Webサイトの削除は次の手順で進めます。

エックスサーバーでWebサイトを削除する場合の参考にしてください!

目次

WordPressをアンインストールする

まずは、WordPressをアンインストールします。

アンインストールすることで、サーバーストレージに保存されているWebの領域が削除されます。

以下のサーバーパネルのURLにアクセスして、ログインします。

サーバーパネル – ログイン

「WordPress簡単インストール」をクリック。

XServerのWordPress簡単インストール

削除するWebサイト(ドメイン)の「選択する」をクリック。

エックスサーバーでWordPressをアンインストールする

DBの削除に必要なMySQLの「データベース名」と「ユーザー名」をメモしたら、「削除」をクリック。

エックスサーバーでWordPressをアンインストールする

「データベース名」、「ユーザー名」は、DBの削除で必要となるので、必ずメモを取って忘れないようにしてください。

「アンインストールする」をクリック。

エックスサーバーでWordPressをアンインストールする

これで、WordPressがアンインストールされます。

DB(データベース)を削除する

続いては、DB(データベース)の削除です。

データベースの削除では、DB本体DB接続ユーザーと削除していきます。

Webサイト(WordPress)を削除するためには、ドメイン、DB本体、DB接続ユーザーを必ずセットで削除する必要があります。

DB(MySQL)の削除

「MySQL設定」をクリック。

XServerのMySQL設定

メモしていた「データベース名」、「ユーザー名」が一致するデータベースの「削除」をクリック。

XServerでDB(データベース)を削除する

「削除する」をクリック。

XServerでDB(データベース)を削除する

DBの容量にもよりますが、完了画面が表示されまでしばらく時間がかかることがあります。
時間がかかっても、完了するまでじっと待ちましょう。(僕が実際に削除したDBの場合は1分ぐらいかかっていました)

DB接続ユーザー(MySQLユーザー)の削除

DB接続ユーザーを共有している場合は注意!

メモしていたユーザーが、次の記事の方法で共有設定している場合は、ユーザーの削除に注意しましょう!

他のDBの「アクセス権所有ユーザー」にメモしていたユーザーが設定されている場合は、ユーザーが共有されている状態です。

この場合は、そのユーザーを削除しないでください。

削除すると、そのDBに接続することができになくなります。

DB接続ユーザーを削除する手順です。

引き続き、「DBの接続ユーザー」を削除します。
「MySQLユーザー一覧」タブをクリックし、メモしていた「ユーザー名」の「削除」をクリック。

XServerでDB(データベース)を削除する

「削除する」をクリック。

XServerでDB(データベース)を削除する

これで、データベース(DB本体、DB接続ユーザー)の削除は完了です。

ドメインを削除/初期化する

最後にドメインを削除します。

「ドメイン設定」をクリック。

XServerのドメイン設定

ドメインを削除する

ドメインを完全に削除する場合の手順です。

ドメインの解約や、他社にドメイン移管する場合も、この手順で削除してください。

ドメインを削除すると、

ドメインに関連する設定が全て削除されるので、Webサイトを作り直したい場合は、「ドメイン設定」からのやり直しとなりますす。

もし、同じドメインでWebサイトの作り直し(WordPressの再インストール)をしたい場合は、「ドメインを初期化する」の方に進んでください。

削除するドメインの「削除」をクリック。

エックスサーバーでドメインを削除する

「削除する」をクリック。

エックスサーバーでドメインを削除する

これで、ドメインが削除されます。
もし、削除したドメインを解約したい場合、「ドメインを解約する」に進んでください。

ドメインを初期化する

ドメインを初期化する場合の手順です。

同じドメインでWebサイトを作り直したい場合は、こちらを実行します。

対象のドメインの「初期化」をクリック。

エックスサーバーでドメインを初期化する

「ドメイン設定の初期化」を選択し、「確認画面へ進む」をクリック。

エックスサーバーでドメインを初期化する

「実行する」をクリック。

エックスサーバーでドメインを初期化する

サブディレクトリがある場合、サブディレクトリのWeb領域も同時に削除されるので、注意してください。

これで、ドメインが初期化されます。

ドメインを解約する

ドメインの解約手順については、以下の記事に詳しく書いているので参考にしてください。

ドメインの解約手順

なお、「Xserverアカウント」にログインしてからの手続きとなります。

Xserverアカウント – ログイン

まとめ

エックスサーバーでWebサイトを削除する手順は、以下のようになります。

削除する時の注意点として、DB(データベース)を削除する場合は誤って他のDBを削除しないようにきちんとDB名とユーザー名を確認してください。

DBやDB接続ユーザまできちんと削除しないと、DB接続ユーザー数の上限に達してWordPressがインストールできなくなることがありますよ!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次