【2023年】Googleのスパム対策(reCAPTCHA)のキーを取得する

【2023年】Googleのスパム対策(reCAPTCHA)のキーを取得する

この記事では、Googleのスパム対策(reCAPTCHA)のキーを取得する方法について、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

ブログの「スパム対策」って、結構面倒です。

主なところでは、「問い合わせフォーム」や「コメント」の「スパム対策」は必須といってもいいでしょう。

対策の手間は面倒なものがありますが、それでも対策しないわけにはいきません。

きちんと「スパム対策」をしていきましょう!

還じい

対策頑張るぞ!

この記事では、「スパム対策」として有名なGoogleのreCAPTCHAのキーを取得する方法について解説します。

プラグイン「WPForms」「Contact Form 7」で「スパム対策」をする場合は、reCAPTCHAのキーを設定画面に貼り付けてください。(以下の記事を参照)

プラグイン「WPForms」のスパム対策
プラグイン「Contact Form 7」のスパム対策
目次

reCAPTCHAのタイプについて

簡単にreCAPTCHAのタイプについて解説します。

現在、reCAPTCHAには3つのタイプがあります。

還じい

プラグイン「Contact Form 7」(バージョン5.1以降)は、v3のみ対応ですよ!※「WPForms」は全タイプOK

「問い合わせフォーム」が作成できるプラグイン「WPForms」のサイトに、reCAPTCHAについての特徴がわかりやすく書かれています。(英語なのでGoogleなどで翻訳してください)

参考までに、以下はGoogleのサイトです。

ここでは、「WPForms」のサイトにか書かれているreCAPTCHAの特徴を、以下にまとめてみました。

reCAPTCHA v2(CheckBox)

reCAPTCHAのVersion2(チャレンジのv2)と呼ばれるもので、チェックボックス付きです。

「私はロボットではありません」のチェックを付けないと送信できません。

reCAPTCHA v2(CheckBox)の特徴

上の説明に書かれているように、質問にたいしてパネルをチェックするように促すことがあります。

reCAPTCHA v2(CheckBox)の特徴
還じい

ムムッ!スパムかも。
パネルの出番だ!

reCAPTCHA v2(Invisible)

同じく、reCAPTCHAのVersion2(チャレンジのv2)で、こちらはチェックボックスが非表示となるものです。

reCAPTCHA v2(CheckBox)の特徴

こちらも、質問にたいしてパネルをチェックするように促すことがあります。

reCAPTCHA v2(CheckBox)の特徴
還じい

ムムッ!スパムかも。
パネルの出番だ!

reCAPTCHA v3

最後は、reCAPTCHAの最新バージョンとなるVersion3(スコアベースのv3)です。

ユーザーの行動(トラフィック)をもとにスコアによるスパム判定が自動で行われます。

このバージョンではチェックボックスや、パネルが表示されることがありません。

導入当初はトラフィックが少ない関係から、スパムでない場合もスパムと判定される可能性があるようなので、「WPForms」では推奨となっていません。

還じい

導入してしばらくは、間違ってスパム判定されてないかチェックしましょう。

reCAPTCHA v2(CheckBox)の特徴

プラグイン「Contact Form 7」(バージョン5.1以降)では、reCAPTCHA v3のみ対応となっています。

reCAPTCHAのキーを取得

  • reCAPTCHA v2(CheckBox)
  • reCAPTCHA v2(Invisible)
  • reCAPTCHA v3

それぞれのタイプのキーの取得方法です。

reCAPTCHAの「サイト登録」画面を開く

まずは、「Google reCAPTCHA」の「サイト登録」画面を開きます。

「Google reCAPTCHA」のサイトにアクセス。

「v3 Admin Console」(管理コンソール)をクリック。

「Google reCAPTCHA」の管理コンソールを開く

「+」(作成)をクリック。

「Google reCAPTCHA」の管理コンソールを開く

これで、「サイト登録」画面が開きます。

reCAPTCHAのキーを取得

キーの取得手順は、reCAPTCHAのタイプ(v2またはv3)で分けています。

reCAPTCHA v2(CheckBox/Invisible)

reCAPTCHAのバージョンがv2の場合は、CheckBox、Invisibleでまとめて解説。

ちなみに、「WPForms」では「reCAPTCHA v2(Invisible)」が推奨です。

以下のように①~④を入力して、「送信」(⑤)をクリック。

  • ラベルにはサイト名などを入力。(識別できるもの)
  • 「チャレンジ(v2)」を選択。
  • 以下のいずれかを選択。
    CheckBox  → 「私はロボットではありません」チェックボックス
    Invisible  → 「非表示reCAPTCHA バッジ」
  • スパム対策をするサイト名(ドメイン名)を入力。
reCAPTCHA(v2)のキーを取得する

それぞれ、赤枠の「コピーする」をクリックして、キーをメモ帳などに保存し、「設定に移動」をクリック。

reCAPTCHA(v2)のキーを取得する

コピーしたキーは、「問い合わせフォーム」の設定画面などに貼り付けます。(詳細は利用しているプラグインの利用説明を参照)

「アラートをオーナーに送信する」にチェックをつけ、「保存」をクリック。

reCAPTCHA(v2)のキーを取得する
reCAPTCHA(v2)のキーを取得する

これで、reCAPTCHA v2(CheckBox/Invisible)のキー取得が完了しました。

reCAPTCHA v3

reCAPTCHAのバージョンがv3の場合で、「サイト登録」画面からの手順です。

以下のように①~③を入力して、「送信」(④)をクリック。

  • ラベルにはサイト名などを入力。(識別できるもの)
  • 「スコアベース(v3)」を選択。
  • スパム対策をするサイト名(ドメイン名)を入力。
reCAPTCHA(v3)のキーを取得する

それぞれ、赤枠の「コピーする」をクリックして、キーをメモ帳などに保存し、「設定に移動」をクリック。

reCAPTCHA(v3)のキーを取得する

コピーしたキーは、「問い合わせフォーム」の設定画面などに貼り付けます。(詳細は利用しているプラグインの説明を参照)

「アラートをオーナーに送信する」にチェックをつけ、「保存」をクリック。

reCAPTCHA(v3)のキーを取得する
reCAPTCHA(v3)のキーを取得する

上の画面に書かれているように、v3の場合はreCAPTCHA導入して間もない時期はスコアが正確でない可能性があるので、正しいスパム判定がされないことがあるようなので注意しましょう。

これで、reCAPTCHA v3のキー取得が完了しました。

まとめ

  • スパム対策はGoogleのreCAPTCHAが利用できる。
  • 「問い合わせフォーム」の設定画面でreCAPTCHAのキーを貼りつけると「スパム対策」できる。
  • reCAPTCHAのタイプは以下の3つ。
タイプ補足
1reCAPTCHA v2(CheckBox)これからの利用は非推奨になると思われる
2reCAPTCHA v2(Invisible)プラグイン「WPForms」で推奨
3reCAPTCHA v3プラグイン「Contact Form 7」ではv3のみ対応
reCAPTCHAのタイプ

プラグイン「WPForms」「Contact Form 7」で「スパム対策」をする場合は、reCAPTCHAのキーを設定画面に貼り付けてください。(以下の記事を参照)

プラグイン「WPForms」のスパム対策
プラグイン「Contact Form 7」のスパム対策

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次