【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

【Bing】ウェブマスターツールでインデックスの削除依頼(申請)をする

【Bing】ウェブマスターツールでインデックスの削除依頼(申請)をする

この記事では、Bingのウェブマスターツールでインデックスの削除依頼(申請)をする手順について、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

先日、Googleで記事のインデックスを削除したんですが、Bingの方も削除するのを忘れていたことに気づきました。

なんでわかったかというと、サイトのアクセスを確認できる「Matomo Analytics」で「404:ページが見つかりせん」と表示されていたからなんですね。

削除されたページにアクセスがあった

「Matomo Analytics」はJetpackに変わるプラグインで、今このプラグインを重宝して使っています。(アクセス状況が簡単にわかります)

還じい

アフィリエイトアドセンスの商用サイトでは、Jetpackの利用は有償ですよ!

この記事では、Bingのウェブマスターツール(Webmaster Tools)でインデックスを削除依頼(申請)する方法について解説します。

ぜひ、参考にしてください!

関連記事

Googleでインデックス削除依頼する手順はこちら。

Bingの関連記事はこちら。

目次

インデックスを削除(ブロック)依頼する

削除した記事や、意図的にその記事のインデックスを外したい場合はインデックスを削除しないといけません。

ここでの手順は、削除ではなく削除の依頼になるため、すぐに削除されるわけではないことに注意してください。

なお、ウェブマスターツールでは、インデックスの「削除」のことを「ブロック」と呼んでいます。

では、Bingのウェブマスターツールでインデックスの削除依頼をしてみます。

ウェブマスターツールのページにアクセスしてログイン。

左のメニューから「構成」→「URLのブロック」とクリック。

Bintのウェブマスターツールで、インデックスを削除依頼(申請)する

右上の「ブロックするURLを追加」をクリック。

Bintのウェブマスターツールで、インデックスを削除依頼(申請)する

削除するURLを入力し、URLタイプは「ページ」、ブロックの種類は「URL および キャッシュ」を選択し、下の方にある「送信」をクリック。

Bintのウェブマスターツールで、インデックスを削除依頼(申請)する

画像の赤い下線の部分に書いていますが、90日後に記事が削除されていないと再度インデックスされるようなので、必ず記事は削除(または非公開や下書きなど)しましょう。

追加が終ると、ブロック(削除)リストに追加されます。

Bintのウェブマスターツールで、インデックスを削除依頼(申請)する

まとめ

記事を削除した時はGoogleのインデックスはきちんと削除(依頼)するけど、Bingの方は忘れがちです。

検索のシェアではGoogleの方が圧倒的に大きいですが、地味にBingも使われているので、この記事を参考にしてインデックスの削除依頼をしましょう。

関連記事

Googleでインデックス削除依頼する手順はこちら。

Bingの関連記事はこちら。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次