「MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。」の解決方法

「MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。」の解決方法

この記事では、エックスサーバーで「MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。」の解決方法について、くわしく解説していきます。

レンタルサーバーは、エックスサーバーを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

エックスサーバーで、「WordPress簡単インストール」や「サイトコピー」を使ってWordPressをインストールしようとした時に、以下のエラーが表示される場合があります。

エックスサーバーでWordPressをインストールする時に「MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。」が表示された

エラーメッセージ:MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。

エラーメッセージからもわかるように、MySQLユーザーの制限数を超えてWordPressをインストールしようとした時に発生するエラーです。

この場合、不要となったWebサイトやMySQLのDBを削除することで解決できます。

この記事では、現状の確認方法とその解決方法について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください!

関連記事

不要なWeb、DBがない場合は、次の記事を参考にすればWordPressをインストールできます。

目次

現状の確認

まず、現状を確認しましょう。

MySQLのユーザー数の制限数

契約しているプランによって、MySQLのユーザー数の制限数(上限数)が決まります。

エックスサーバーの公式サイトには、スタンダードプランの場合は、MySQLのユーザー数は50までと書かれています。

エックスサーバーのプランごとのMySQLユーザーの上限数
出典:データベース関連の仕様一覧

使用データベース数、ユーザー数

次に、MySQLのデータベースの使用数と、データベースに紐づくMySQLのユーザーの使用数を確認しましょう。

以下のサーバーパネルのURLにアクセスして、ログインします。

サーバーパネル – ログイン | レンタルサーバーならエックスサーバー

「MySQL設定」をクリック。

XServerのMySQL設定

データベースの使用数は「MySQL一覧」で、ユーザーの使用数は「MySQLユーザー一覧」で確認できます。

MySQLのデータベースの使用数と、データベースに紐づくMySQLのユーザー使用数を確認
簡単にデータベース使用数を確認する方法(タップで詳細を展開)

サーバーパネルのトップページの「アカウントデータ」で、データベースの使用数が確認できます。

MySQLのデータベースの使用数を確認

通常は、WordPressのデータベースとユーザーは1対1なので、データベースの数とユーザーの数は一致します。

でも、ユーザーの数が多いことがあるんですよね。

実は、僕の環境で今回のエラーが出た時に、データベースの使用数は30だけどユーザーの使用数が50ユーザーに達していることがわかりました。

どうして、ユーザー数の方が多くなっていたのかというと、Webサイト(WordPress)を削除した時に、データベースまでは削除していたんですが、ユーザーの削除を忘れていたからなんです。

還じい

データベースを削除すれば、ユーザーも自動で削除されると勘違いしてました!

ということで、現状の確認結果から解決方法をまとめると、以下の通りとなります。

現状解決方法
データベースとユーザーの数が同じデータベースとユーザーを削除する
データベースよりユーザー数が多いユーザーを削除する
ユーザ数上限越えの解決方法

該当する解決方法に進んでください。

ユーザー上限数到達の解決方法

さきほどの表にあったように、ユーザー数により解決方法は2つあります。

データベースとユーザーを削除する

データベースとユーザーの数が同じ場合は、不要なWebサイト(WordPress) → データベース → ユーザーの順番で削除します。

削除の方法は、次の記事で詳しく書いているので参考にしてください。

不要なWebサイトがない場合は、

「MySQL一覧」の中に「WordPress利用中」と表示されていないデータベースがないか確認しましょう。

あったら、そのデータベースはどのWordPressからも使われていないデータベースとなるので、削除してもかまいません。

ユーザーを削除する

データベースよりユーザーが多い場合は、使われていないユーザーだけを削除します。(データベースは削除しません)

その前に、「MySQL一覧」の「アクセス権所有ユーザー」と「MySQLユーザー一覧」の「MySQLユーザー」突き合わせて、一致しないユーザーを特定しましょう。

使われていないユーザーを特定する

「一致していないユーザー」 = 「使われていないユーザー」となるので、そのユーザーが削除の対象となります。

還じい

ユーザーの特定作業は時間がかかりますが、地道にやっていきましょう!

「MySQL一覧」で一致していないユーザーの「削除」をクリックします。
違うユーザーを削除しないようにしてください。

使われていないユーザーを削除する

「削除する」をクリック。

使われていないユーザーを削除する

これで、使われてないユーザーの削除が完了しました。

まとめ

MySQLのユーザー数が制限を超えた場合は、現状としてデータベースの数とユーザーの数の確認をしてください。

データベース数とユーザー数が同じかどうかで削除の手順が異なります。

ユーザー数が多い場合は、使われていないユーザーがあることを示しているので、できれば使われていないユーザーはすべて削除した方がいいでしょう。

関連記事

不要なWeb、DBがない場合は、次の記事を参考にすればWordPressをインストールできます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次