稼いでいたCocoonからSWELLに乗り換えた2つの理由

僕がCocoonからSWELLに乗り換えた2つの理由

このページ内には【広告】が含まれています。

この記事では、CocoonからSWELLに乗り換えた(移行)2つの理由について、くわしく解説していきます。

テーマは、CocoonSWELLを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

僕は長い間Cocoonを使って、アドセンスで稼いでいました。

そのまま、Cocoonを使い続けても特に問題はなかったんですが、どうしてもSWELLを使いたかったので、現在はSWELLに乗り換えています。

SWELLに乗り換えた(移行)理由は2つありました。
ここではその2つの理由について書いてみます。

これからCocoonからSWELLへの乗り換えを検討している人は、参考にしてください!

参考

ちなみに、記事が200記事オーバーでSWELLに移行したんですが、かなり大変だったので記事が少ない時に移行するのがおすすめです。

目次

SWELLに乗り換えたのはページ表示が速いから

CocoonからSWELLへ乗り換えた1つ目の理由は、

「ページ表示が他のテーマと比べても速い!」

ということです。

特に、「PCよりもモバイルのページ表示が、他のテーマとは比べ物にならないほど速い」という話を聞いてたんですよね。

乗り換えたアドセンスブログですが、乗り換える時には記事数が230を超えで画像数も3,500以上もある中規模のブログに成長していました。

さすがにコンテンツがこのぐりのボリュームになると、ページ表示はちょっと遅くなってきます。

還じい

だからといって、Cocoonが遅いテーマというわけではないんですよ。

ページの表示が遅くなる問題は、読者のページ離脱が増えることです。

以下は、Googleの公式サイトからの抜粋ですが、表示が遅ければ遅いほど読者が直帰(離脱)してしまうことがわかります。

表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇する
表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇する
表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇する
表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇する

引用:New Industry Benchmarks for Mobile Page Speed – Think With Google

離脱が増えるとGoogleの評価も悪くなってしまうので、結果的に検索順位が下がるというのが一番怖いんですよね。(収益にも直結可能性大)

記事の内容が悪くて検索順位が下がっているんだったら、まだリライトなどすればなんとかなります。

でも、ページ表示の改善はそんなに簡単ではないんです。

高速化のプラグインを利用するなどの方法はいくつかありますが、思ったほどの効果は出ないことが多いです。

僕も試しにいくつか改善対策を試してみましたが、元々Cocoonの高速化オプションは有効化していたのでほとんど改善できませんでした。

となると、表示速度の問題を簡単で効果的に改善できるのは「ページ表示が速いテーマ」を使うのも一つの手だと思ったんです。

特に、今はPC(デスクトップ)よりモバイル(スマホやタブレット)でページを見る人が多いので、モバイルの表示速度は、特に重要になります。

その点、SWELLはモバイルの表示速度が他のテーマと比べても速いと聞いていたので、この点が乗り換えの決め手になりました。

実際のページ表示の結果を比較

実際に、僕が運営しているサイト(ブログ)を使って、CocoonとSWELLでページ表示を測定してみました。

小規模サイトでページ表示を確認

まずは、小規模サイト(記事数30、画像数513)のページ表示(パフォーマンス)結果です。

3回計測した平均値を算出。

記事数30、画像数513のブログの表示速度(パフォーマンス)の確認結果

表示速度(パフォーマンス)を比較してみると、

記事数、画像数ともそんなに多くないのでたいして差はついていないですが、それでもモバイルの方はSWELLのパフォーマンスがいい結果となっています。

中規模サイトでページ表示を確認

続いては、中規模サイト(記事数234、画像数3,747)のページ表示(パフォーマンス)結果です。

このブログがSWELLに乗り換えたアドセンスブログで、SWELLに切り替える前と後で計測しました。

こちらも、3回計測した平均値を算出。

記事数234、画像数3,747のブログの表示速度(パフォーマンス)の確認結果

表示速度(パフォーマンス)を比較してみると、

こちらは、先のブログの結果と比べても、あきらかにSWELLの方がいいパフォーマンスを示しています。

さすがに、記事数/画像数の多さがパフォーマンスに影響しているようですが、それでもモバイルの方は圧倒的にSWELLの方がいい結果です。

還じい

やっぱりSWELLはモバイルが速い!

4万以上のサイトデータによるテーマ表示速度

4万以上のサイトデータからテーマの表示速度を計測しているサイトがあったので、計測結果を貼り付けておきます。

すごいですね、SWELLはダントツで速いです。

4万以上のサイトデータをもとにしたテーマの表示速度
出典:【2024調査】WordPressテーマの速度ランキング(デザインテンプレート)

SWELLは表示速度重視のテーマ

元々SWELLは表示速度を速くすることを最重要課題としているテーマなので、表示速度をあげるあらゆる対策をしているようです。

これについては以下の動画でも確認できるので、参考までにどうぞ。

SWELLに乗り換えたのはブロックエディタが使いやすいから

CocoonからSWELLへ乗り換えた2つ目の理由は、

「ブロックエディタが秀逸!」

だからです。

ブロックエディタはSEO効果とは全く関係ないですが、SWELLで記事を書く時に

  • 楽しく書ける
  • おしゃれに書ける
  • 思った通りにブロックが使える

という点は、かなり乗り換えポイントが高いです。

実は、僕はCocoonを使っている時はクラシックエディタしか使えませんでした。

何度かブロックエディタに挑戦したんですが、ブロックエディタの画面を見ても、

  • 何から始めたらいいのかわからない。
  • どうやって記事を書けばわからない。

となってしまって、使う気にならなかったです。

CocoonとSWELLのブロックエディタで基本手的な使い方に違いはないはずなんですが、なぜかCocoonの時には苦手意識が出てしまって、ブロックエディタは使えずじまいでした。

それが、SWELLのブロックエディタだと使えるようになったんですよね。

SWELLのブロックって、どうやって使えばいいのか「なんとなく」でわかってしまうのがすごいところです。

還じい

ブロックの使い方はネットで調べなくてもわかりますよ!

しかも、SWELL独自のブロックは「痒いところに手が届く」という表現がぴったりで、とにかく記事で表現したいことが時間かけずにできてしまいます。

Cocoonはその点、ブロックエディタについてはどうしてもSWELLのように使おうという気にはなりませんでした。

還じい

Cocoonがダメというわけではなく、SWELLが良すぎるんです。

もちろん、この【還じいブログ】もテーマはSWELLで、ブロックエディタもバリバリに毎日使っています。

記事でよく使うブロック
  • リスト
  • キャプション
  • アコーディオン
  • カラム
  • テーブル(表)
  • 説明
  • ふきだし
  • リンク
  • FAQ

よく使うブロックも、全部は書きだしてないですがざっとこのぐらい使ってます。

エディタの設定でも、好みの色や見栄え(見出し、ブログカードなど)を簡単に変更できるのもおすすめのポイントです。

SWELLを実際に使っている人の感想もX(ツイッター)でもよく見かけますが、高評価が多いですね。

SWELLのブロックエディタ(特に独自ブロック)は現在もどんどんバージョンアップされているので、さらに使いやすくなっていくと思います。

ともかく、僕の中ではSWELLのブロックエディタが優秀で使いやすいのは間違いないです。

まとめ

僕がCocoonからSWELLに乗り換えた2つの理由を書いてみました。

SWELLに乗り換えたと言っても、Cocoonをそのまま使って収益を確保しているサイトもいくつかあります。

だから、Cocoonがダメだと言っているわけではありません。

でも、ページ表示の速さブロックエディタの使いやすさを考えると、SWLLはお金を払う価値はあるテーマだと思っています。

SWELLを購入できるのは公式サイトとエックスサーバーだけ

17,600円と、ちょっと高いと思うかもしれませんがこのテーマは「買い切り」タイプです。

サイトごとにライセンス代が必要なテーマもあることを考えると、一概に高いとも言えないんですよね。

X(旧ツイッター)を見ていても、有料テーマで一番使われているのがSWELLだというのがはっきりわかります。

還じい

これだけ売れているということは、それだけ価値があるテーマだと思います。

SWELL公式サイト

SWELLは上記公式サイトから購入できますが、エックスサーバーから購入する場合は10%の割引きがあるので多少安く購入できます。

しかも、エックスサーバーから購入すると、WordPressと一緒にSWELLもインストールできるのがかなり便利!

エックスサーバーではWordPressと一緒にSWELLがインストールできる

ちなみに、WordPressとSWELLを一緒にインストールできるのはエックスサーバーだけです。

エックスサーバーから購入すると、テーマを自分でインストールするという面倒な手間から解放されますよ!

エックスサーバー

\ 10%割引き + WordPressとの同時インストールが可能 /

参考

ちなみに、記事が200記事オーバーでSWELLに移行したんですが、かなり大変だったので記事が少ない時に移行するのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次