【エックスサーバー】PHPのバージョンアップでページ表示速度が改善!

PHPのバージョンアップでサイトの表示速度が劇的に改善!

この記事では、レンタルサーバーエックスサーバー(Xserver)でPHPをバージョンアップする方法についてくわしく解説していきます。

レンタルサーバーはエックスサーバーを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

ページの表示が遅い」とか、「Googleのサイト表示測定サイトで、思ったよりスピードが出ていない」と思ったことないですか?

ページの表示速度はGoogleの評価対象であり、検索結果も影響するためなんとしても改善をしておきたい項目です。

ページ表示を速くする方法としては、対策できる方法はいくつかあります。

  • WordPressのキャッシュ系プラグインをインストールする
  • 記事内の画像を圧縮する
  • 無駄なCSSやJavaScriptの削除
  • 表示速度が速いテーマを使う

ざっと考えられるだけでもこれだけの対策がありますが、対策の割には速度があがらないことが多いです。

それ以外には、PHPのバージョンアップという方法もあるんですが、実際にPHPをバージョンアップすることでページの表示が速くなることがわかりました。

この記事では、PHPをバージョンアップする方法について、詳しく解説していきます。(レンタルサーバーはエックスサーバー

簡単な方法でページ表示を速くできるので、ぜひ参考にしてください!

目次

モバイルでのページ表示のスコアがかなり悪い

僕が運営しているブログの1つにCocoonを利用しているものがあり、このブログは以前からページ表示が遅いと感じていました。

そこで、Googleのサイト表示測定サイト(PageSpeed Insights)で測ってみると、モバイルのスコアが「44」と、かなり表示が遅かったんですよね。

ブログのサイト表示測定結果(モバイル)

冒頭でも書いた対策をいくつか試してみようにも、既に対策しているものや対策そのものが無理なものがあるので、簡単には対策できなそうです。

他に考えられる方法として、PHPのバージョンアップがあったので、この方法を試してみることにしました。

実際に、PHPを7.4にバージョンアップした結果、予想以上にページの表示速度がアップしたので、PHPのバージョンアップは簡単にできるわりには効果が大きいことがわかりました。

ちなみに、WordPressの公式サイトを見ると、PHPをバージョンアップすることでパフォーマンスが向上すると書かれています。

PHPの最新バージョンは以前のバージョンよりも効率的に動作します。最新の対応バージョン (現在は7.4) にアップグレードすると、以前のバージョンに比べてパフォーマンスが最大で3倍〜4倍向上します。

Update PHP | WordPress.org 日本語

エックスサーバーでPHPのバージョンをアップする方法

では、エックスサーb-でPHPのバージョンをアップする方法です。

以下のサーバーパネルのURLにアクセスして、ログインします。

サーバーパネル – ログイン | レンタルサーバーならエックスサーバー

「PHP Ver.切り替え」をクリック。

XServerのサーバーパネルでPHPを7.4にバージョンアップする

PHPのバージョンアップをするドメインの「選択する」をクリック。

XServerのサーバーパネルでPHPを7.4にバージョンアップする

すると、現在のPHPのバージョンが確認できます(赤枠部分)

XServerのサーバーパネルでPHPを7.4にバージョンアップする

赤枠部分をクリックすると、バージョンの一覧が表示されるので、一番上の「推奨」となっているバージョン(ここでは7.4.13)を選択し、「変更」をクリック。

XServerのサーバーパネルでPHPを7.4にバージョンアップする

PHPのバージョンが完了したら、次の画面になります。(バージョンアップはあっという間です)

XServerのサーバーパネルでPHPを7.4にバージョンアップする

これで、PHPのバージョンが最新の7.4にアップされました。

PHP8.2にバージョンアップ

WordPress6.4でPHP8がサポートされたようなので、エックスサーバーのサイトのPHPをバージョンアップしてみました。

手順は、先に書いたものと同じで、バージョンアップ対象の選択が異なるだけです。(2024.02.04現在)

エックスサーバーでPHPを8.2にバージョンアップ

携帯電話(モバイル)

Googleアドセンスの「全画面広告」を有効(ON)にする

デスクトップ(PC)

Googleアドセンスの「全画面広告」を有効(ON)にする

バージョンアップによる効果ですが、7.4へのアップよりはあまり効果がありませんが、それでも若干速くなりました。

バージョンアップによるページ表示の効果を確認

PHPを7.4にバージョンアップしする前とした後で実際に測定してみた結果が以下の通りです。

※左が7.4にバージョンアップ前、右がバージョンアップ後

PHPをバージョンアップする前とした後のページ表示測定結果(PC)
PHPをバージョンアップする前とした後のページ表示測定結果(PC)

計測結果にばらつきが出ないように、表示速度はそれぞれ3回計測し、その平均スコアで比較してます。

計測サイトPHPバージョンアップ前(7.0.33)PHPバージョンアップ後(7.4.13)
計測スコア(モバイルサイト)44、60、36 → 平均「47」68、47、71 → 平均「62」
計測スコア(PCサイト)91、89、90 → 平均「90」96、97、96 → 平均「96」
PHPのバージョンアップによるサイト表示速度の結果

これ見ると、モバイルの方がかなり表示速度が改善されていますね。。(スコアの色が赤から黄に変化)

まとめ

以上の計測結果から、PHPのバージョンを7.4にバージョンアップすると、ページの表示速度が大きく改善されることがわかりました。

もし、思ったようにサイト(ブログ)のページ表示が遅いと感じたら、ここで紹介したPHPのバージョンアップを試してみるのもいいんじゅないでしょうか。

手順も簡単なので、まずは、PHPのバージョンアップをおすすめします!

2024.02.24現在、

PHPの最新版は8.2ですが、SWELLやCocoonのテーマを使っていても特に問題は発生しないようです。

以下のGoogleのページ表示速度サイトを使ったことがない方は、この機会にページの表示速度がどの程度なのか確認してみましょう。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次