【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

プラグインでA8.netの広告掲載URLを一括でCSV出力!

「【重要】広告掲載URLの提出開始についてのお知らせ」をプラグインで簡単に提出してみた!

この記事では、プラグインでA8.netのアフィリリンクと広告掲載URLを一括でCSV出力した時の手順について、くわしく解説していきます。

さらに、出力されたCSVを修正してA8.netへ提出(アップロード)したところまでを手順にしています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

12/7に、「【重要】広告掲載URLの提出開始についてのお知らせ」というタイトルの案内が来ていました。

A8.netの「【重要】広告掲載URLの提出開始についてのお知らせ」

A8.netの「【重要】広告掲載URLの提出開始についてのお知らせ」
出典:【重要】広告掲載URLの提出開始についてのお知らせ – A8スタッフブログ (a8pr.jp)

A8.netの会員サイトの「A8.netからのお知らせ」でも確認できます。

これ、何かというと、

A8.netの広告(アフィリエイトリンクなど)を記事の中に貼っている人は、「プログラムID」と「リンクを貼っている記事のURL」をすべて教えて(提出)ください!

というものです。

アフィリエイトリンクを大量に使っている人多いと思うので、対応するのにかなりの時間がかかると思うんですけど、、、、

また、いくつかのサイトでリンク使っている人は、すべてのサイトを調べないといけません。

この記事では、以下の手順でA8.netへ広告記載URLを提出していきます。

  • プラグインでサイト内の全アフィリエイトリンクとURLを抽出
  • 抽出した情報をCSVでダウンロード
  • ダウンロードしたCSVを修正して提出(アップロード)

ちなみに、使用するプラグインはSWELLの開発をされている方が無償でリリースしています。

テーマに依存しないプラグインなので、どのテーマでも関係なく使えますよ!

大量にリンクを使っている人は、このプラグインを使って提出にかかる面倒な作業をサクッと終わらせましょう!

目次

全ページに広告を表示している場合

サイドバーやお知らせバーなどにアフィリリンク(バナー、ボタン含む)を貼り付けている場合、すべてのページに同じ広告が表示されてしまいますが、この場合はトップページのURLだけの提出でいいようです。

全ページでアフィリエイト広告が表示される場合の対応
出典:Webサイトの共通表示エリアへ広告掲載をしている場合、全ページのURL提出が必要でしょうか?

でも、全ページの広告以外にページごとに異なる広告を掲載していると思うので、以降のプラグインを使った手順に進んだ方がいいでしょう。

プラグインの動作仕様

今回使うプラグイン「Afilink Extractor」は、「リンクを抽出」→「CSVダウンロード」のボタンを押すだけです。

「リンクを抽出」ボタンを押した時に、サイト内の投稿を検索してアフィリリンクに関する以下の項目を抽出してくれます。

プラグイン「Afilink Extractor」で、アフィリエイトリンクとURLを抽出

しかも、パターン(再利用ブロック)タグ(ショートコード)なども、ちゃんと抽出してくれる優れものです。

還じい

面倒な抽出作業をやってくれるプラグインには感謝ですね。

プラグインのインストール

では、プラグイン「Afilink Extractor」をインストールします。

以下のGitHubのサイトにアクセスし、「afilink-extractor-1.0.0.zip」をクリックして、適当なフォルダにZIPファイルを保存。
※バージョンアップによりバージョン(1.0.0)の数字が増えることがあります。

プラグイン「Afilink Extractor」のインストール

管理画面メニュー「プラグイン」の「新規追加」(新規プラグインを追加)(①)をクリック。

プラグイン「Afilink Extractor」のインストール

「プラグインのアップロード」(①)をクリックし、「ファイルを選択」ボタン(②)の上に、保存したZIPファイルをドラッグ&ドロップ。
※「ファイルを選択」ボタンを押して、ZIPファイルを選択してもOK。

プラグイン「Afilink Extractor」のインストール

プラグインのインストールが完了するので、「プラグインを有効化」をクリック。

プラグイン「Afilink Extractor」のインストール

これで、プラグイン「Afilink Extractor」のインストールが完了です。

アフィリエイトリンク情報を抽出

サイト内の全アフィリエイトリンクの情報を抽出してみます。

WordPress管理メニューの「a8リンク抽出」をクリック。

A8.netのアフィリエイトリンク情報を抽出

「リンクを抽出」をクリック。

A8.netのアフィリエイトリンク情報を抽出

「記事url」、「プログラムID」、「使用リンク」の情報が表示されます。

抽出情報をCSVでダウンロード

「CSVダウンロード」ボタンを押して、抽出したアフィリリンク情報(CSVファイル)を適当なフォルダに保存します。

A8.netのアフィリエイトリンク情報をダウンロード
A8.netのアフィリエイトリンク情報をダウンロード

これで、アフィリエイトリンク情報の抽出とCSVダウンロードが完了です。

提出用のCSVファイルを準備する

CSVを提出(アップロード)する前に、A8.netのフォーマットにあわせて修正し、文字コードをUTF-8に変換していきます。

A8.netのCSVフォーマット
出典:広告掲載URL管理

修正が難しい、修正が面倒であれば、

ダウンロードしたCSVをそのまま提出してもいいような気がしますが、でも、どうなんでしょうかね。

還じい

修正しなくても、OKであれば、、、

修正しないで提出するのが不安な人は、以降の手順に進んでください。

修正はちょっと面倒なので、エクセルをおすすめします。(Googleのスプレッドシートでも可)

また、フリーのテキストエディタ「サクラエディタ」を使った修正の手順も書いてみたので、参考にしてください。

ダウンロードしたCSVを修正する【エクセル編】

エクセルでCSVを修正していきます。

CSVの修正①(不要な列、行を削除)

エクセルでCSVを開き、1行目のヘッダー行と、3列目の「使用リンク」の列を削除します。

ダウンロードしたCSVの体裁を整える

CSVの修正②(列の入れ替え)

A列(記事url)とB列(プラグラムID)を入れ替えます。

B列全体を選択(①)し、「SHIFT」キーを押しながらドラッグ(②)して、A列の左にドロップ。

ダウンロードしたCSVの体裁を整える

CSVの修正③(重複行を削除)

重複行を削除します(重複がなければこの手順は不要)

以下の① ~ ④)の順でクリックし、重複が見つかった場合は「OK」をクリック。

  • 「行列の左上の交差部分」
  • 「データ」タブ
  • 「重複の削除」
  • 「OK」
ダウンロードしたCSVの体裁を整える
ダウンロードしたCSVの体裁を整える

これで、CSVの修正が完了しました。

CSVの文字コードをUTF-8で保存

最後に、CSV内の文字コードをUTF-8に変換して、別名で保存します。

「F12」キー(①)を押し、名前を入力したら「ファイルの種類」で「CSV UTF-8(コンマ区切り)(*.csv)」を選択(②)し、「保存」(③)をクリック。

文字コードをUTF-8でCSVを保存

これで、提出前の作業はすべて完了です。
続いて、「CSVをA8.netにアップロード(提出)」に進んでください。

ダウンロードしたCSVを修正する【サクラエディタ編】

フリーのテキストエディタ「サクラエディタ」を使って、CSVを修正していきます。

サクラエディタ―を準備する

インストール不要のポータブル版をダウンロード→起動し、CSVフォーマットを見やすいように設定変更します。

以下のサイトにアクセスして最新版(赤枠部分)をクリックすると、ダウンロードが始まるので適当なフォルダに保存します。

サクラエディタをダウンロードする

保存したZIPファイルを解凍し、「sakura.exe」を起動。

サクラエディタを起動

CSVを読み込んだ時に、各列がきれいに揃うように設定変更をします。

「設定」→「タイプ別設定一覧」とクリック。

サクラエディタの設定を変更

「追加」(①)→「設定XX」(②)→「設定変更」(③)とクリック。

サクラエディタの設定を変更

赤枠部分を以下のように入力/選択し、「OK」をクリック。

サクラエディタの設定を変更

設定変更したので、必ずサクラエディタを再起動してください。

CSVの修正①(不要な列を削除)

ここでは例として、サンプルのCSVを使用します。

保存していたCSVファイルを、サクラエディタにドラッグ&ドロップすると、以下のように読み込まれます。
次に、3列目(使用リンク)を「矩形選択」で選択してから削除します。

CSVの体裁を整える

CSVの修正②(列の入れ替え)

3列目が削除されたので、1列目(記事url)と2列目(プログラムID)を入れ替えます。

2列目(プログラムID)を「矩形選択」し、切り取ります。

CSVの体裁を整える

1列目の左端(文字がないところ)で、幅が0になるように「矩形選択」し、貼り付けます。
わかりづらいですが、赤の縦線の部分で幅がないように矩形選択します。
正しく選択されると、ステータスバーに「0 col(0px) * N Lines selectd.」と表示されます(Nは行数)

CSVの体裁を整える
CSVの体裁を整える

これで、1列目と2列目が入れ替わります。

CSVの修正③(不要な行を削除)

1行目(ヘッダー行)を削除します。

行番号の「1」の部分をクリックし、削除。

CSVの体裁を整える
CSVの体裁を整える

CSVの修正④(重複行を削除)

最後に、重複行(プラグラムID、記事urlとも同じ行)を除外します。

① ~ ③の順番でショートカットキーを押します。

  • 「CTRL」 + 「A」 ※全選択
  • 「ALT」 + 「A」   ※ソート
  • 「ALT」 + 「M」  ※重複削除 
CSVの体裁を整える

重複行があれば、「N行をマージしました。」とメッセージが表示されます。

これで、CSVの修正が完了しました。

CSVの文字コードをUTF-8で保存

CSVの文字コードをUTF-8に変更して保存します。

「ファイル」→「名前を付けて保存」とクリック。

CSVの体裁を整える

文字コードセットは「UTF-8」を選択し、「BOM」にチェックをつけて「保存」をクリック。

CSVの体裁を整える

これで、提出前の作業はすべて完了です。
続いて、「CSVをA8.netにアップロード(提出)」に進んでください。

CSVをA8.netにアップロード(提出)

修正したCSVをA8.netに提出(アップロード)します。

A8.netの会員サイトにログイン。

「プログラム管理」メニューの一番下にある「広告掲載URL管理」をクリック。

体裁を整えたCSVをアップロードする

「CSVアップロードで一括提出する」の中にある「ファイルを選択」ボタン(①)をクリックし、CSVファイルを選択して「開く」ボタン(②)をクリック。

体裁を整えたCSVをアップロードする

「アップロード」ボタンをクリック。

体裁を整えたCSVをアップロードする

これでA8.netへの、広告掲載URLの一括提出(CSVアップロード)が完了しました。

まとめ

今回のA8.netの提出依頼は、ステマ規制対応に関連する依頼のようです。

手作業で全アフィリエイトを抽出するのはものすごく効率が悪いので、今回紹介したプラグイン「Afilink Extractor」を使って、サクッと提出を完了させましょう!

A8.netへ提出したあとに広告の表示が増えても、再度「Afilink Extractor」を使えば簡単に再提出できますよ!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次