【Blog Creator紹介記事コンテスト】で優秀賞をいただきました!ボタン

【SWELL】アクティベート設定(ユーザー認証)の方法

【SWELL】アクティベート設定(ユーザー認証)の方法

この記事では、SWELLでアクティベート設定(ユーザー認証)をする方法について解説します。

テーマはSWELLを対象としています。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

SWELLを購入したら、正規ユーザーであることを証明するために「アクティベート設定」(ユーザー認証)をする必要があります。

ここでは、SWELLでアクティベート設定(ユーザー認証)をする手順について解説します。

ちょっと手間がかかる手順なので、初めてアクティベート設定をする人は特に参考にしてください。

関連記事

「サイトコピー」を使って、30分で新規サイトを開設できます!

目次

SWELLでアクティベート設定が必要な理由

冒頭でも書いたように、SWELLを購入したらアクティベート設定が必要です。

ちゃんと購入したのに、なんで「アクティベート設定」が必要かというと。

SWELLを無料配布したり格安で転売するなど、「SWELLの利用規約」に反する人が増えてきたからなんですね。

つまり、正規に購入していない人への対抗策です。

こういう対抗策を取らざるを得ないということは、それだけSWELLが人気あるということですけどね。

2023/06/20現在、SWELLは公式サイトまたは、事業提携しているレンタルサーバーのXserverのみ購入できます。

それ以外でSWELLのテーマファイルを入手できる方法はないので気をつけてください。

参考 XserverからSWELLを購入する方法

クラウドワークやココナラなどで、SWELLを使ったWebサイト構築を請け負う人がいますが、その場合もSWELLを購入する必要があるので、注意してください。

SWELLでアクティベート設定

まず、WordPressの管理画面にログインします。
※WordPressをインストールした時に入力したユーザー名、パスワードを入力

WordPress管理画面のログインページ

管理画面メニュー「外観」の「テーマ」(①)をクリック。

WordPressのテーマ画面を表示する

「SWELLのユーザー認証」をクリック。

SWELLで「アクティベート設定」(ユーザー認証)を行う

会員登録時の「メールアドレス」(①)を入力し、「認証リクエストを送信」をクリック。

SWELLで「アクティベート設定」(ユーザー認証)を行う

すると、「認証URLをメールアドレスへ送信しました」と表示されます。

SWELLで「アクティベート設定」(ユーザー認証)を行う

以下のようなメールが届くので、認証用のURL(赤枠部分)をクリックします。

SWELLで「アクティベート設定」(ユーザー認証)を行う

上記メールは3分間だけ有効なので、3分以内にクリックするようにしてください。

すると、ブラウザの画面が、以下のSWELLの公式ページに移動します。

認証が問題なく完了すると、現在処理中のサイト(ブログ)のドメイン名が「認証済みサイト一覧」に表示されます。
確認できたら、画面右下に表示されている「自分のサイトに戻る」(①)をクリックします。

SWELLで「アクティベート設定」(ユーザー認証)を行う
SWELLで「アクティベート設定」(ユーザー認証)を行う

WordPressの画面に戻って、「認証完了」と表示されたら「アクティベート設定」(ユーザー認証)が完了です。

サブディレクトリでも「アクティベート設定」は必要

原則、SWELLをインストールしたサイトでは、必ず「アクティベート設定」が必要です。

そのため、サブディレクトリやサブドメインにSWELLをインストールした場合も、「アクティベート設定」が必要となります。

また、Xserverの「サイトコピー」や移行プラグインなどで、コピーした場合も同様です。

関連記事

「サイトコピー」を使って、30分で新規サイトを開設できます!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次