【エックスサーバー】MySQLユーザー数が上限に達してもWordPressがインストールできる!

【エックスサーバー】MySQLユーザー数が上限に達してもWordPressがインストールできる方法

この記事では、エックスサーバーのMySQLユーザー数が上限に達してもWordPressがインストールできる方法について、くわしく解説していきます。

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

エックスサーバーでは、「WordPress簡単インストール」「サイトコピー」を使えば簡単にWordPressのインストールやコピーができます。

でも、不要となったデータベースを削除しないで、上記ツールを使い続けていくと、MySQLユーザー数の上限に達してしまいます。

エックスサーバーでWordPressをインストールする時に「MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。」が表示された

エラーメッセージ:MySQLユーザーの追加設定可能な上限数に達しているため追加できません。

データベースの制限(タップで展開)

エックスサーバーでは、契約しているプランによって、MySQLのユーザー数の制限数(上限数)が決まります。

公式サイトにプランごとのMySQLユーザーの上限数が書かれています。

エックスサーバーのプランごとのMySQLユーザーの上限数
出典:データベース関連の仕様一覧

MySQLユーザー数は、サーバーパネルの「MySQL」→「MySQLユーザー一覧で確認できます。

MySQLユーザー数を確認する

MySQLユーザーが上限数に達するとどうなるのか?

「WordPress簡単インストール」や「サイトコピー」を使って、WordpPressのインストール/コピーができなくります。

つまり、これらのツールを使ってWordPressを追加することができなくなるんですね。

でも、上限に達しても不要なデータベースを削除すれば、削除した分だけWordPressをインストールすることができます。

不要なデータベースを削除する場合は、こちらの記事が参考になります。

だから、通常はMySQLユーザー数が上限に達しても、WordPressがインストールできなくなることはないです。

ただ、不要なデータベースがない(削除できない)場合は、WordPressがインストールができなくて困ったことになります。

還じい

これ以上データベースは削除できないから、WordPressを追加できない。困ったな~

実は、自分で新規にデータベースを追加して、既存のMySQLユーザーを共有すれば、WordPressを追加することができます。

この記事では、MySQLユーザー数が上限に到達しても、WordPressをインストールできる方法を、詳しく解説していきます。

目次

MySQLユーザーを共有してWordPressをインストールする

既存のMySQLユーザーを共有して、WordPressをインストール方法です。

まず、どのMySQLユーザーを共有するかを決めます。

これは、既に作成済のMySQLから決めることになりますが、どのMySQLユーザーでも構いません。

ただし、データベースの削除などで、誤って共有していたMySQLユーザーが削除されても、影響を最小限にできるMySQLユーザー、つまりWordPress(=Webサイト)がいいでしょう。

例えば、検証用サイト、仮サイト、最近開設したばかりのサイトなどですかね。

共有設定するMySQLの情報をメモする

共有するMySQLユーザーとMySQLパスワードをメモします。

以下のサーバーパネルのURLにアクセスして、ログインします。

サーバーパネル – ログイン | レンタルサーバーならエックスサーバー

「WordPress簡単インストール」をクリック。

XServerのWordPress簡単インストール

ドメインの「選択する」をクリック。

共有設定するMySQLの情報をメモする

共有する「MySQLユーザー名」と「MySQLパスワード」をメモします。

共有設定するMySQLの情報をメモする

メモした「MySQLユーザー名」と「MySQLパスワード」は、あとの手順で使います。

データベースを追加する

インストールするWordPress用にデータベースを追加します。

「MySQL設定」をクリック。

XServerのMySQL設定

「MySQL追加」タブをクリックし、追加するデータベース名を入力して、「確認画面へ進む」をクリック。

データベースを追加する

「追加する」をクリック。

データベースを追加する

これで、データベースが追加されます。

既存MySQLユーザーを共有する

次に、追加したデータベースへのアクセスユーザーとして、メモしたMySQLユーザーを指定します。

「MySQL一覧」タブをクリックし、メモしていたMySQLユーザーを追加データベースへのアクセスユーザーとして選択(①)し、「追加」(②)をクリック。

追加データベースへのアクセスユーザーとして既存MySQLユーザーを設定し共有する
追加データベースへのアクセスユーザーとして既存MySQLユーザーを設定し共有する

これで、追加データベースへのアクセスユーザー(共有MySQLユーザー)が設定されました。

WordPressを追加する

データベースとアクセスユーザーの準備ができたので、「WordPress簡単インストール」を使ってWordPressを追加します。

「WordPress簡単インストール」をクリック。

XServerのWordPress簡単インストール

以下の① ~ ⑤の順番で入力し、「確認画面へ進む」→「インストールする」とクリック。

  • 「WordPressインストール」をクリック。
  • 「作成済みのデータベースを利用する」を選択。
  • 追加したデータベース名
  • アクセスユーザーとして設定したMySQLユーザー
  • メモをしていたMySQLパスワード
共有設定するMySQLの情報をメモする

これで、MySQLの上限に達しても、MySQLユーザーを共有してWordPressをインストールすることができました。
このあとも、問題なくWebサイトが運営できるはずです。

まとめ

MySQLユーザ数の上限に達した時は、通常は不要なデータベースを削除すればWordPressがインストールできるようになります。

でも、どうしても削除するデータベースがこれ以上ない場合は、今回紹介した方法でWordPressをインストールすることができます。

ぜひ、試してみてください!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次