【ブロックエディタ】同期パターンと非同期パターンの違い

同期パターン(再利用ブロック)と非同期パターン(ブロックパターン)の違い

この記事では、同期パターンと非同期パターンの違いについて解説します。

「CTRL」+「D」を押すだけで、この記事がブックマークできます!

サイト(ブログ)の記事を書き続けていくと、記事によっては同じようなことを書くことが多くなります。

記事ごとに「同じようなことを書く」のは面倒ですよね。

WordPressのブロックエディタでは「使い回しができるブロック」を利用できるので、「同じようなことを書く」手間を大幅に削減できますよ!

ちなみに、「使い回しができるブロック」(パターン)は以下の2種類です。

  • 同期パターン(旧再利用ブロック)
  • 非同期パターン

この記事では、上に書いた2つのパターン違いについて、詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてください!

目次

WordPress6.3からパターン名称が変更

WordPress6.3から「使い回しブロック」が「同期/非同期パターン」という名称に変更されました。

以下の【重要】をタップして、「使い回しブロック」の名称変更について確認することをおすすめします。

要確認
【重要】「再利用ブロック」が「同期パターン」に変更されました(タップで詳細参照)

WordPress6.3から「再利用ブロック」は「同期パターン」に変更されました。
※ブロックパターンは「非同期パターン」と同等。

スクロールできます
WordPress6.3からWordPress6.2まで
同期同期パターン再利用ブロック
非同期非同期パターンパターン(ブロックパターン)
パターンを同期/非同期に統一

そして、パターン作成時に「同期/非同期」を選択できるようになりました。

同期/非同期選択画面

名称の変更を確認することで、以降の解説がより理解しやすくなりますよ。

同期パターンと非同期パターンの違い

まず、同期パターン/非同期パターンとも、使い回し用に作成したパターン(ブロック)を記事の中に追加(挿入)します。

ここまでは、同期パターン/非同期パターンに違いはありません。

パターン修正の違い

作成したパターンや記事内に追加したパターンの、いずれかのパターンを修正した時に、他のパターンへの反映結果に違いがあります。

同期パターン

同期パターン

いずれかのパターンを修正したら、他のパターンにも修正が反映される。

→ 全てのパターンが同期。

非同期パターン

非同期パターン

どのパターンを修正しても、他のパターンには修正が反映されない。

→ 全てのパターンが独立。(非同期)

以上の違いから、どの記事でも同じブロックが表示されるようにしたい場合は「同期パターン」、記事ごとにブロックを修正(変更)したい場合は「非同期パターン」、というように使い分ければいいでしょう。

記事内追加手順の違い

「同期パターン」と「非同期パターン」では、記事内への追加手順に違いがあります。

同期パターン

「同期パターン」の場合は、パターン名検索が使えるので簡単に追加できます。

記事内の追加したい位置(空ブロック)に、カーソルを置きます。

  • 「/」スラッシュのあとに「同期パターン」名を入力
  • 該当の「同期パターン」名が検索されるので選択
作成した同期パターンを記事内に挿入
還じい

「/」スラッシュのあとに何文字か入力すれば、該当の「同期パターン」名が表示されますよ!

非同期パターン

「非同期パターン」を記事内に追加する場合は、以下の手順となります。

記事内の追加したい位置(空ブロック)に、カーソルを置きます。

  • 「+」(ブロック挿入ボタン)をクリック
  • 「パターン」をクリック
  • 「マイパターン」をクリック
  • 該当のパターン名をクリック
還じい

「同期パターン」みたいに名前で検索できないので、微妙に面倒です。

まとめ

「同期パターン」と「非同期パターン」は、以下のように使い分けると便利です。

  • どの記事でも全く同じブロックを使いたい。  → 「同期パターン」
  • 記事ごとに追加したブロックを修正したい。  → 「非同期パターン」

また、記事内への追加手順も異なるので注意しましょう!

「CTRL」+「D」を押すだけで、当サイト【還じいブログ】の記事がブックマークできます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次